ボディケアの容器動向を探る

PR TIMES / 2014年7月28日 10時10分

女性のボディケアに対する意識や新しい傾向から容器動向を分析

化粧品容器メーカーの石堂硝子株式会社(大阪府大阪市)が、ボディケア容器動向を分析した。
女性のボディケアに対する意識や新しい傾向に迫り、ボディケア容器の可能性を浮き彫りにしている。




□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 3人に1人がボディローション・ミルクを使っている
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

富士経済の調べによれば、ボディケア市場は1540億円。
中でも注目すべきカテゴリーが、ボディクリームやローションの市場だ。
ラッシュやロクシタンといったライフスタイル系ブランドの牽引により活性化した
この市場のポテンシャルは高い。

それを示すアンケート結果も出ている。インターネット調査会社のマーシュの調べによれば、
ボディケアアイテムを使用する頻度は、ほぼ毎日が24%、
週に5~6日が6.4%、週に3~4日が8.6%。4人に1人が毎日ボディケアアイテムを使っていることが
明らかになっている。

では、実際にはどんなボディケアアイテムが利用されているのだろうか。
ボディケアアイテムにはボディシャンプーや入浴剤も含まれ、数字の上ではそれぞれ66.5%、40.3%と
高い値を示しているが、ボディケア市場の可能性を探る上で見逃せないのが、
ボディローション・ミルクやボディクリームの利用率の高さだ。

ボディローション・ミルクの利用率は38.5%、ボディクリームが24.9%。
女性の3人に1人は、ボディローション・ミルクを使っている。女性誌や美容誌を見ると、
複数のボディケアアイテムを使い分けしている女性も少なくない。
ボディケア市場は成熟期に入ってきたといえそうだ。

□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 根強い人気のシンプルボディケアアイテム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

1でも触れたように、ボディケア市場をここまで成長に導いた貢献者といえるのが、
ラッシュやロクシタンといった外資系のブランドだ。
さらに加えるなら、アヴェダやヴェレダといった植物系の自然派ブランドも市場の拡大を後押しした。
いずれもライフスタイル系のブランドだ。

中でも著しい伸びを示ているのがロクシタンだ。2012年までの8年間で売上は10倍に伸長した。
ロクシタンはプロヴァンス産の植物の香りを特徴とし、一つの香りでスキンケアからヘアケア、
ボディケアまでシリーズ展開している。
ロクシタンの成長を支えているのは、すべてを揃えたいという熱心なファンだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング