「ドライバーに必要なのはテクニックだけじゃない」 全日本F3史上最年少優勝者の平川 亮選手が語る、目標達成トレーニングの価値。

PR TIMES / 2012年7月17日 11時56分



 7月14日・15日に富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)で開催されたアチーブメント全日本F3選手権で、アチーブメント スカラシップ生の平川亮選手が見事に連続優勝。開幕戦で18歳1ヶ月という全日本F3史上最年少の優勝記録を樹立した新鋭が、人材教育コンサルティング企業 アチーブメント(東京都品川区)主催のセミナーで目標達成技術を学び、現在シリーズランキングトップに立っています。

 F1を頂点とするフォーミュラカーレースの全世界共通の育成カテゴリーとして、ミハエル・シューマッハや佐藤琢磨など、数多くのトップドライバーたちを輩出してきたF3。人材教育コンサルティング企業 アチーブメント(東京都品川区)は、「世界で活躍するドライバーには、テクニックだけではなく、総合的な人間力の養成が重要」と考え、2010年から全日本F3選手権のシリーズメインパートナーを務め、ドライバー教育を行ってまいりました。
 その一環として設置されたアチーブメントスカラシップ制度は、アチーブメントがこれまで25年間研究してきた目標達成技術を提供することで、未来ある若者をサポートする教育制度です。これまでもスカラシップ生として国本雄資選手や小林崇志選手、千代勝正選手といった多くのF3チャンピオンを輩出してきました。

 平川選手は、シーズン開始直後にアチーブメント スカラシップ制度に応募。「経験豊富なドライバーに勝つためにはどうしたらよいかを考えました。そのためには、単にドライビングテクニックを磨くだけではなく、『レース以外の時間をいかに効率的に過ごすか』という時間管理を徹底することが必要だと考えたんです。それが応募した大きな理由でした」
 スカラシップ生の認定を受けた平川選手は、5月にアチーブメントのセミナーを受講。3日間、目標設定方法からメンタルマネジメント、時間管理術 まで目標達成の技術を幅広く学びました。
 「3日間の内容は、期待していた以上に濃いもので、時間管理以外にもチームスタッフとのコミュニケーション方法や、レース結果をどのように捉えるかなど、現場で生かせるアイディアをいくつも得ることができました。また、F1ドライバーを目指す意味づけをより深いものできたことは、とても大きな収穫だったと感じています」
 7月のレースで連勝し、現在シリーズランキングトップ。シリーズタイトルも視野に入ってきた平川選手。F3チャンピオンを獲得し、その先のF1の世界へ。今後のステップアップを確実なものにするためにも、「レース日程の合間をぬって他のセミナー受講もしていきたい」と語った平川選手の活躍に是非ご期待ください。

【アチーブメント株式会社とは?】
アチーブメント株式会社は個人と組織の目標達成をサポートするためのコンサルティング、人材育成研修、人材採用支援、就職活動支援などを行う創業25年目の人材教育コンサルティング会社です。
WEB: http://www.achievement.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
アチーブメント株式会社
担当:松坂 孝紀
本社:〒141-0022 東京都品川区東五反田4-6-6 高輪台グリーンビル3F
TEL:03-3445-0311 FAX:03-3445-0440
E-mail:press@achievement.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング