ガルーダ・インドネシア航空 スカイトラックス社「The World's Best Regional Airline」を受賞

PR TIMES / 2012年7月18日 14時9分



ガルーダ・インドネシア航空会社(本社:ジャカルタ、インドネシア 社長兼最高経営責任者:エミルシャ・サタル)は、スカイトラックス社による「The World Airline Awards (ワールド・エアライン・アワード) 」にて、「The World's Best Regional Airline」及び「The Best Regional Airline in Asia」を受賞致しました。また同時に「The World's Best Economy Class Airline」、「The World's Best Economy Airline Seats」、「The World's Best Airline Cabin Staff」、 「The Best Airline in Asia」部門で入賞致しました。

スカイトラックス社はイギリスに拠点を置く航空産業コンサルティング・格付け会社です。今回のアワードは、2011年7月より2012年6月までの1年間にわたって、世界100カ国以上200社を超える航空会社を対象に、およそ1,800万人にのぼる世界中のエアラインユーザーによるアンケート調査結果に基づき選出されています。

2012年7月12日、ロンドン郊外で開催されたファンボロ-・エアショーで行われた受賞式で、ガルーダ・インドネシア航空 社長兼最高経営責任者 エミルシャ・サタルは、「我々がこれらの賞を受賞できたのは社員全員による努力の賜です。」と述べました。

ガルーダ・インドネシア航空は、2015年までの経営戦略「クオンタムリープ」の中でスカイトラックス社の5スターの認定獲得を目標にしています。引き続き、より安全でより快適な空の旅をお届けできるよう努力してまいります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング