「コカ・コーラ 復興支援基金」TOMODACHIサマー コカ・コーラ ホームステイ研修プログラム 2013年、2014年派遣の高校生を各120名に拡大

PR TIMES / 2012年9月24日 17時8分



「コカ・コーラ 復興支援基金」は、日米両国政府と米日カウンシルが主導する 「TOMODACHI」に賛同をし、2012年から2014年までの3年間にわたり東日本大震災により被災した高校生を米国へ派遣する「TOMODACHIサマー コカ・コーラホームステイ研修プログラム」を展開しています。

2012年は7月22日(日)~8月9日(木)*1に高校生60名を派遣。ワシントンDCでの研修後、ホームステイ先(バーモント州・バーリントン、ペンシルバニア州・エリー、ケンタッキー州・エリザベスタウン、オレゴン州・セーラム)で、アメリカの文化や歴史、日本の紹介などテーマに沿って実践的な英語を学びました。参加者からは英語や文化だけでなく、一生の友達を得る機会になったと、大変好評ををいただいております。 
*1 国内移動、国内での事前研修含む

「コカ・コーラ 復興支援基金」では、このプログラムが参加者にとって、米国の異文化に触れ、グローバルな見地を身に付ける貴重な機会であり、次世代の人材育成に寄与する活動であることを再確認。さらに門戸を広げ、2013年・2014年はそれぞれ120名を派遣することを決定いたしました。これにより、2012年から2014年の3年間で合計300名の被災地の高校生に「TOMODACHIサマー コカ・コーラホームステイ研修プログラム」を提供することとなります。

「コカ・コーラ 復興支援基金」は今後も、被災した子供たちの生活復興に必要とされる教育施設や公共施設の建設、次世代の人材育成など、東日本大震災によって被害を受けた被災地の復興支援に努めてまいります。 

※2013年のプログラム詳細は後日あらためてご案内を申し上げます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング