未来を視野に入れたフリースケールの最新のQorivva車載 パワートレイン用マイクロコントローラ

PR TIMES / 2012年5月21日 14時19分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、車載パワートレイン・システムに対する世界的な性能向上の要求に対処し、安全性およびアプリケーション・セキュリティの最新の要件に適合する、マルチコアのQorivva(コリーヴァ)「MPC5746M」マイクロコントローラのサンプル出荷を開始することを発表しました。

MPC5746Mは、新設計の200 MHzのクアッドコアPower Architecture(R)プラットフォームをベースとする高性能32ビット・マイクロコントローラです。この新しいデザインは、安全性チェック機能とパラレルI/Oプロセッサの実装により、マルチコア・プラットフォーム上でソフトウェアの最適化および安全への対応を実現します。MPC5746Mマイクロコントローラは、内燃エンジン、ハイブリッド・システム、およびトランスミッション・システム向けに性能面で最善の選択肢です。また、車載コネクティビティの増大に伴う不正アクセスからソフトウェアを保護するとともに、電子システムの障害を検知、またその発生を回避します。

Qorivva MPC5746Mマイクロコントローラは、自動車産業での利用を目的として演算能力とメモリ機能を強化し、4 MBの組込みFlashメモリを搭載します。処理速度はフリースケールでのベンチマークの記録を更新したMPC5674Fマイクロコントローラの2倍以上の性能を、自動車のエンジンルーム内という過酷な環境でも同等の消費電流にて発揮可能です。このデバイスにはフリースケールの新設計の55 nm不揮発性メモリ(NVM)技術が導入されており、年内には次世代の高集積パワートレイン・システム向けに現在開発中の8 MBのFlashメモリを搭載する300 MHzのクアッドコア・プラットフォーム製品も投入する予定です。

フリースケールのオートモーティブ・マイクロコントローラ製品担当副社長であるレイ・コーニンは、次のように述べています。「車載エレクトロニクスは、エンジンのさらなる効率化により、性能を犠牲にすること無く燃料の節約を実現する重要な役割を果たすことができます。フリースケールの新しいMPC5746Mマイクロコントローラの様な高性能のマルチコア・ソリューションは、自動車メーカーにとって燃料効率を改善するための鍵となる存在です。このデバイスは業界標準のPower Architectureテクノロジをベースにしており、お客様はネットワーク、航空電子、およびインダストリアルのアプリケーションで幅広く利用される業界で最も普及したアーキテクチャの1つを安心して利用することができます。さらに、必要とされるイノベーションをこの先の長い将来にわたって提供することも不可能ではありません。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング