モバイル端末用手書きノートの大ヒットアプリ「Note Anytime」のWindows版をワールドワイドで提供開始

PR TIMES / 2012年10月25日 16時2分

2012年10月25日

報道関係各位
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが、モバイル端末用手書きノートの大ヒットアプリ「Note Anytime」のWindows版をワールドワイドで提供開始
~無償版に加え、有償アドオンをセットにした「Note Anytime Premium」を新たに販売開始~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川和宣)は、モバイル端末用の手書きノートアプリ「Note Anytime(ノート・エニイタイム)」のWindows版の提供を、Windows 8の公開に合わせ、2012年10月26日よりWindows Storeにおいてワールドワイドで開始します。

Note Anytimeは、タッチスクリーンを搭載したモバイル端末において、文字や図形を自由自在に入力し編集することができる手書きノートアプリです。紙と鉛筆を進化させる新世代のデジタルノートとして、これから未来にかけて世界のあらゆる場所で、広く、末永く愛用されるものになることを目指して開発しました。Windows版に先立ち本年9月26日に提供を開始したiPad 版は、アップルのApp Storeにおいて、無料の仕事効率化アプリランキングで連続して第1位を続けるなど、大ヒットしています。(10月25日現在)

Note Anytimeは基本機能を無償で提供いたします。アドオン機能として、日本語・英語・中国語を含む13カ国語に対応した手書き変換、カスタマイズ可能なカリグラフィーペン、デザインされた表紙や用紙テンプレート、および特別に描かれたイラスト、カリグラフィー文字などを、それぞれ有償で販売します。また、13カ国語全ての手書き変換などの有償アドオンをセットにした「Note Anytime Premium」を3,800円(発売記念キャンペーン価格1,950円)で販売します。13 カ国語に対応した手書き変換アドオン、および「Note Anytime Premium」はWindows版のみの提供となります。

Note Anytimeは、日本語手書き入力「mazec」搭載の手書きノートアプリ「7notes」に続く、第2弾のモバイル端末用アプリです。iPad版、Windows版に続き、年内にiPhone版、来春にはAndroid版の提供を順次開始する予定です。

【Note Anytime概要】
<Note Anytimeのコンセプト>
あなたの”想い”を自由自在に - Note Anytimeを使えば、思いついたことを手書きですぐ書いて、後から自由自在に編集・再利用できます。また、無機質になりがちなコンピュータ文字(フォント文字)であふれる既存の文書の上に、重要ポイントや強調したい内容を自由自在な手書きの表現で追記できるため、上司と部下、取引先などの間で、コミュニケーションがより明確になり、ビジネススピードを加速することに繋がります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング