キュレーション型グルメアプリの利用率1位は「Retty」、2位は「TERIYAKI」

PR TIMES / 2014年5月16日 11時48分

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2014年4月度)

~10代から60代の「LINE」利用率が、約4割に。前年比12.1%の増加~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、全国の15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年4月度)』を実施しました。男女別、年齢別のクロス集計データとしてまとめた全105ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(https://www.fast-ask.com/report/ )からダウンロード提供します。



【調査結果の概要】

■10代から60代までの約4割が、「LINE」を利用中。前年に比べ、利用率が12.1%増加
15歳から69歳までの「LINE」利用率は39.3%となり、昨年2013年4月に実施の調査(15歳から69歳までの「LINE」利用率は27.2%)に比べると、「LINE」利用率は12.1%増加しました。特に、今回の調査では、10代の利用率は62.0%で、10代女性だけで見ると72.0%にも達していました。

そのほかの主要Webサービスでここ1年間で利用率の変化が大きかったのは、「mixi」(5.6%減の16.5%)、「Instagram」(3.3%増の6.9%)、「Google+」(2.7%増の17.2%)ということが分かりました。

■キュレーション型グルメアプリの利用率1位は「Retty」、2位は「TERIYAKI」
ユーザーの投稿から飲食店の情報を調べられる「キュレーション型グルメアプリ」のうち、主要7サービスの認知度はそれぞれ7.6%から10.6%の間でした。利用率がもっとも高かったのは「Retty」(3.7%)、次いで「TERIYAKI」(3.4%)でした。

※1 主要7サービス:「Retty」「SynchroLife」「TERIYAKI」「Chrono」「favoreat」「Gourmet book」「Spoon!」

■スマホ決済サービスでもっとも認知が高いのは、「楽天スマートペイ」
スマートフォンと専用カードリーダーを組み合わせてクレジットカード決済する「スマホ決済サービス」の利用経験者は、6.9%にとどまりました。認知率が高かったサービスは、「楽天スマートペイ」(52.2%)、「Paypal Here」(37.2%)、「Square」(32.1%)でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング