クラウド型デジタルサイネージ「ENPLUG(エンプラグ)」が、専用デバイス不要でテレビやタブレットに内蔵のブラウザのみで運用が可能に!

PR TIMES / 2020年11月13日 16時15分

AndroidOS搭載のTVやiPad等のタブレットのようなブラウザ内蔵のデバイスで、従来の「ENPLUG」デバイス(49,800円)が不要で、手軽にオンラインサイネージ化することが可能に!

株式会社Amazing Day(本社:東京都港区、代表取締役社長:枝吉宣輝)は、提供中のデジタルサイネージ管理システム「ENPLUG(エンプラグ )」がAndroidTVなどに搭載されているWebブラウザを使用し、デバイスレスでさらに手軽にオンラインサイネージ化できる、新たな機能を追加しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/18202/37/resize/d18202-37-315648-1.jpg ]

近年多くの店舗や施設、企業でも採用され外出時に目にしない日はないほど増えています。
そんな中、低価格で簡単にコンテンツ管理ができる、「ENPLUG」も多くの企業様でご活用いただいております。


しかし、デジタルサイネージの導入には、表示するためのディスプレイに加え、コンテンツを表示するための専用STB(セットトップ・ボックス)が必ず必要となっており、初期費用を押し上げる要因となっていました。

今般、株式会社Amazing Dayが提供する、クラウド型デジタルサイネージ「ENPLUG」では、Androidテレビやタブレットに備えられたブラウザ機能を使うことで、専用STBが無くてもコンテンツを表示できる機能を、今月より新たに提供開始いたした。
[画像2: https://prtimes.jp/i/18202/37/resize/d18202-37-529300-0.jpg ]


この機能をご利用いただくことで、ブラウザ機能内蔵のテレビや、iPadなどのタブレットだけで、サイネージコンテンツを表示することが可能となり、専用STB(¥49,800)が不要となることで、デジタルサイネージシステムの初期費用の大幅な軽減が可能となります。店舗やオフィスですでにご利用の、ブラウザ内蔵テレビをご利用いただければ、初期費用0円でサイネージを設置することもでき、月額のシステム利用料金のみでサイネージ運用が可能です。

また、iPadなどのタブレットをご利用いただければ、これまでスペースの関係で設置が難しかった、レジ横やカウンター上などの狭い場所でも、簡単にデジタルサイネージを導入することができます。

■「ENPLUG」(エンプラグ)について
スマートフォンのように直感的で簡易的な操作性が可能なアメリカNo.1シェアのデジタルサイネージ管理端末です。
初心者向けに作られた管理画面で、専門知識の無い人にも直感的に使う事ができ、導入後の運営も簡単に行うことがです。
「ENPLUG」内の30以上の無料アプリケーションで簡単にコンテンツを作成でき、画像や動画はもちろん、天気予報やSNSの投稿などのコンテンツをリアルタイムで反映することがでます。
2017年6月のサービスイン後、全国各地に導入が進んでいます。

■株式会社Amazing Day 会社概要
代表者 :代表取締役社長 枝吉宣輝
所在地 :〒108-0074 東京都港区高輪3-19-26 SOC高輪ビル8F
設立  :2009年8月 (サービス開始:2018年12月)
事業内容: デジタルサイネージ管理システム「ENPLUG」運営
製品サイト : https://enplug.co.jp/
デバイスレス機能についての記事: https://enplug.co.jp/lp/work/1892

ENPLUGは、株式会社Amazing Dayの日本における登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング