1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【4/13 開催】オンラインセミナー「データは統合可視化してこそ価値がある~ダッシュボード有効活用のススメ~」

PR TIMES / 2021年3月24日 18時45分

ゼロパーティデータの収集から分析、活用までのプロセスを最適化するゼロパーティデータプラットフォーム「Syno Cloud (シノクラウド)」を開発する Syno Japan株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:長野 草児、以下「Syno」)は、株式会社日本リサーチセンター様と「データは統合可視化してこそ価値がある~ダッシュボード有効活用のススメ~」と題して、4月13日(火)14:00~オンラインセミナーを開催いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/22677/37/resize/d22677-37-252419-1.png ]

コロナ禍によって従来のビジネスモデルの見直しを迫まられる現在、アフターコロナを見据えて次なる需要を目指した新たなビジネスモデルを描き始めた方が賢い選択といえます。しかし、それは大きな価値転換でもあり簡単なことではありません。そこで、まずは今あるデータを統合可視化して、戦略構築の基礎準備から始めませんか。戦略構築には根拠が必要で、その根拠は今まで取得しているデータの中にあり、統合可視化すればヒントがきっとみつかります。具体的なデータやダッシュボード活用の事例も交えたセミナー内容を予定しておりますので、是非この機会をご活用ください。

▼無料オンラインセミナーの詳細、お申込みはこちら(日本リサーチセンターホームページ内)
https://www.nrc.co.jp/presence/210311.html

■開催概要
タイトル:データは統合可視化してこそ価値がある ~ダッシュボード有効活用のススメ~
日  時:2021年4月13日(火)14:00~15:30
視聴方法:申込者には運営事務局から視聴用ZoomのURLをメール送信
参  加:無 料(事前申し込み制)
主  催:日本リサーチセンター ビジネスイノベーションセンター(BIセンター)
共  催:Syno Japan株式会社
*このウェビナーはZoomにて実施します。視聴用のURLをクリックすればプラウザで視聴できます。

■タイムテーブル *内容は変更する場合がございます。予めご了承ください。
14:00~14:20 オープニング/データの統合可視化が意味すること
- 小宮山 学様(日本リサーチセンター BIセンター GM)
 <内容>
 ・今の時代をどうみておくべきか。未来からの眼
 ・データが重要な理由

14:20~15:00 北欧発古都ITスタートアップが、デザイン思考で構築するカスタマイズダッシュボード
- 長野 草児(Syno Japan株式会社 代表取締役/APAC統括)
 <内容>
 ・データの民主化を実現する機能要件
 ・ユーザ中心設計のダッシュボードをアジャイル開発
 ・【事例紹介】京都老舗旅館のママが涙した、初めてのNPS(R)︎ダッシュボード

15:00~15:20 ダッシュボードを活用したブランドデータトラッキング
- 須貝 育宏様(日本リサーチセンター BIセンター YouGov事業担当 エグゼクティブリーダー)
 <内容>
 ・シンジゲート・データサービス「YouGov事業」とは
 ・デイリートラッキングの神髄「BrandIndex」の活用方法

15:20~15:30 チャットでの質疑応答


【Syno Japan株式会社 概要】
Syno Japan株式会社は、ゼロパーティデータプラットフォームSyno Cloudを開発する北欧発鎌倉ITスタートアップです。ゼロパーティデータの収集からファーストパーティデータとの連携、共通IDでのデータ一元管理、分析、可視化や活用までを効率化するプラットフォームを構築します。「既存を問い直す、越境を」の理念の下、既存の仕組みを見直し、次世代のデジタルマーケティングを実現するためのSyno独自のソリューションを提供しています。

■会社概要
代表者 :代表取締役 長野 草児
所在地 :神奈川県鎌倉市扇ガ谷1丁目8−1山口ビル3F
設立 :2016年1月
資本金 :100万円
業務内容 : グローバルリサーチ、カスタマーエクスペリエンス(CX)、デジタルマーケティング分野における消費者データの収集、プロセッシング、レポーティング、活用を効率化するデータプラットフォームの開発
URL : https://www.synoint.jp




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング