「SOMPOサステナビリティ・インデックス」構成銘柄に選定

PR TIMES / 2020年6月19日 16時40分

 総合光学機器メーカーの株式会社タムロン(代表取締役社長:鯵坂司郎、本社:さいたま市)は、SOMPOアセットマネジメント株式会社が運用する「SOMPOサステナビリティ・インデックス」の構成銘柄に9年連続で選定されました。このインデックスは、同社の「SOMPOサステナブル運用」に活用されます。



[画像: https://prtimes.jp/i/43231/37/resize/d43231-37-915300-0.jpg ]

 「SOMPOサステナブル運用」は、ESG(環境、社会、企業統治)の評価が高い企業に幅広く投資する、年金基金・機関投資家向けの運用プロダクトです。SOMPOアセットマネジメント株式会社では、ESGへの取り組みに優れる約300銘柄から構成される独自のアクティブ・インデックス「SOMPOサステナビリティ・インデックス」に基づいた長期投資を志向する運用を行っています。このインデックスは、毎年行われるESG評価結果※に基づいて見直しが行われています。

 タムロンは、経営理念の実現を目指した「産業の眼を創造していくことで、経済・社会・環境に貢献する」というCSR方針のもと、企業価値の向上とサステナブルな社会の実現を目指しています。今後も「事業の機会は社会課題の解決にある」ことに目を向けたマーケティングを行い、社会の課題やニーズに応えられる技術や製品を創造し、全ての人々が安心して暮らし、感動を感じられる「心豊かな社会」の実現に貢献していきます。

※SOMPOリスクマネジメント株式会社が実施した「ぶなの森 環境アンケート」および株式会社インテグレックスが実施した「インテグレックス調査」の評価結果

■当社のCSRに関する取り組み事例や事業活動について
・CSR情報: https://www.tamron.co.jp/csr/
・IR情報: https://www.tamron.co.jp/ir/

■SOMPOサステナブル運用について
https://www.sompo-am.co.jp/institutional/product/06/

<株式会社タムロンについて>
「産業の眼を創造貢献するタムロン」をスローガンとして掲げ、一眼カメラ用交換レンズをはじめとする、一般ユーザー向けの各種光学機器からOEM関連、そして各種産業分野に貢献する光学製品に至るまで、独創的な光学製品を供給している総合光学機器メーカーです。今後も豊かな創造性と先進的な高い技術力を駆使し、様々な産業分野に眼を向けて邁進するとともに、事業活動のあらゆる面で環境保全に配慮した活動を目指します。

<取扱光学製品>
一眼レフカメラ用交換レンズ、ミラーレスカメラ用交換レンズ、ビデオカメラ用レンズ、デジタルカメラ用レンズ、ドローン用レンズ、各種光学用デバイス部品、監視カメラ用レンズ、FA/マシンビジョン用レンズ、車載用レンズ、カメラモジュール、原器 他

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング