画面にタッチするだけで音声が聞ける「デジタルブック」付き!『小学生のための 聞ける!話せる! 英語辞典』刊行!

PR TIMES / 2021年1月8日 14時45分

教育出版の株式会社旺文社(東京都新宿区、代表取締役社長 生駒大壱)は、『小学生のための 聞ける!話せる! 英語辞典』を12月11日に刊行しました。
この本は、小学生が知りたい英語を日本語から調べるように工夫された和英表現辞典です。
https://www.obunsha.co.jp/product/detail/075274



[画像1: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-785285-0.jpg ]

『小学生のための 聞ける!話せる! 英語辞典』は、知りたい英語を日本語から調べられる和英表現辞典です。
アルファベットや五十音順の辞典とは異なり、大きくは「自己紹介」「学校で」「家で」などの場面、小さくは「12歳だよ」「赤色が好き」「修学旅行が楽しみ」「塩を取って」など状況が想像できる場面設定から、求める単語や表現を探すことができます。
小学生がすぐに使いたくなる身近な表現を見つけて、英語を聞いたり、話したりできるようになる工夫を凝らしています。

★スマートフォン/タブレット対応「デジタルブック」付き!

[画像2: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-807610-1.jpg ]

『小学生のための 聞ける!話せる! 英語辞典』は、スマホやタブレット端末と連動して動く「デジタルブック」が付いています。スマホの画面にタッチするだけで音声が聞けるので、英語の発音も同時に学習できます。また、各ページのコードをスマートフォン/タブレットから読み込むと「デジタルブック」にジャンプする機能があり、画面にタッチするだけで英語音声を聞くことができます。
※ご利用には通信環境が必要です。

★授業や宿題に使える

[画像3: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-196265-2.jpg ]

小学校英語の授業では「学校行事の感想を言ってみよう」等が尋ねられることも。
〇〇が楽しみ、わくわくしている、など役立つ表現もいっぱいで、「遠足」「運動会」「学芸会」などの単語もカンタンに探せます。

★英語が話せる紙面の仕組み

[画像4: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-368003-3.jpg ]

単語の意味やスペルを覚えるだけではなく、カードを入れ替えるように「楽器をひける/ひけない」の表現を繰り返すことで、英作文や英会話にも役立ちます。

★絵じてんで単語を覚える

[画像5: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-487051-4.jpg ]

「絵じてん」のように使うこともできます。英語とカタカナが同じだったり違ったり、日本語そのままの単語も。
外出した際にも親子で、“Look at ◯◯!”と試すことが出来ます。

★索引がとても便利

[画像6: https://prtimes.jp/i/55026/37/resize/d55026-37-590200-5.jpg ]

巻末の「日本語さくいん」「英語さくいん」からは、一般的な辞典と同じように五十音順・アルファベット順で収録単語を探すことができます。

■書籍概要
『小学生のための 聞ける!話せる!英語辞典』
https://www.obunsha.co.jp/product/detail/075274
・監修:石原 真弓
・刊行日:2020年12月11日
・定価:2,090円(税込)
・体裁:A5判 288ページ オールカラー デジタルブック付き

【会社概要】
社名 : 株式会社 旺文社
代表者 : 代表取締役社長 生駒 大壱
設立 : 1931年10月1日
本社 : 〒162-8680 東京都新宿区横寺町55
TEL : 03-3266-6400
事業内容 : 教育・情報をメインとした総合出版と事業
URL : https://www.obunsha.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング