「MONEX 個人投資家サーベイ 2013 年5 月調査」 投資家の関心は日本の金利動向と米国の金融政策

PR TIMES / 2013年5月27日 16時9分



 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2009 年10 月より、マネックス証券に口座を保有する個人投資家を対象に、相場環境に対する意識調査を月次で実施しております。

 このたび、2013 年5 月17 日~20 日にインターネットを通じて実施したアンケート調査1,419 件の回答結果を報告書にまとめました。マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木 隆の総括と併せてご活用ください。

【調査結果要約】

(1)米国株DI(※)、中国株DI が大幅上昇
 【日本株DI】(2013 年4 月) 69 → (2013 年5 月) 67(-2)
 【米国株DI】(2013 年4 月) 40 → (2013 年5 月) 65(+25)
 【中国株DI】(2013 年4 月) -46 → (2013 年5 月) -27(+19)

 4 月から5 月にかけ、日経平均株価が上昇している中、日本株DI は小幅な減少にとどまりました。一方、米ダウ平均が高値を更新し投資家心理の改善を反映し、米国株DI は25 ポイントと大幅に上昇しました。また、中国株DI も約20 ポイントの大幅な上昇となりました。
 (※)「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

(2)業種別魅力度ランキングは「自動車」が堅調

 個人投資家が「魅力的であると思う業種」ランキングでは、「自動車」が2 ヶ月連続の首位となりました。「機械」は前回調査(2013 年4 月実施)まで3 ヶ月連続で順位を下げていましたが、円安を追い風に9 位から7 位へと順位を上げました。一方、順位を下げた業種は「銀行」(4 位→6 位)、「通信」(7 位→8 位)、「小売」(8 位→9 位)でした。

(3)今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しは、ほぼ変化なし

 今後3 ヶ月程度の米ドル/円相場の見通しは2012 年11 月時の調査からほぼ変化がなく、7 ヶ月連続で円安を見込む向きが圧倒的多数を占めています。

(4)個人投資家が注目するトピックは、米国の金融政策と日本の金利動向への注目度が急上昇
 個人投資家が注目するトピックについて、「日本の企業業績」が前回調査から引続き高い関心を集めています。これに加えて、直近のFRB の出口戦略をめぐる議論や、今月に入り日本の名目金利が上昇していることを受け、「米国の金融政策」、「日本の金利動向」への注目度が急上昇しました。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング