8/25(日)第3回「ジャカルタ植樹」を開催します

PR TIMES / 2013年8月13日 9時33分

ボランティア1,600人の方々と24,000本のマングローブを植樹

公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田卓也 イオン株式会社名誉会長相談役、以下当財団)は8月25日(日)、インドネシア共和国(以下インドネシア)の首都ジャカルタにおいて、第3回「ジャカルタ植樹」を実施します。



近年、経済成長を続けるインドネシアでは、沿岸部の開発によってマングローブ等から成る防潮林の立ち枯れが問題となっています。

当財団は、周辺の住宅地や高速道路を洪水などの災害から守るとともに緑あふれる沿岸部を再生するため、2011年より3カ年計画でジャカルタ北部の沼地にマングローブの苗木を植樹しています。これまでの2年間でのべ2,700人のボランティアの方々とともに累計39,000本のマングローブを植樹しました。

最終の3回目となる今回は、日本と地元のボランティア、さらにインドネシアで同時期に開催する「イオン アジア・エコリーダーズ」に参加する中国、インドネシア、日本、マレーシア、タイ、ベトナム6カ国の高校生が加わり、合計約1,600人の方々とともに、約24,000本のマングローブを植樹します。

当財団による植樹と地域のお客さまとともに店舗の敷地内に植樹をする「イオン ふるさとの森づくり」を通して植樹した木々は、本年累計1,000万本を迎えます。

イオンは、水と緑あふれる地球を次代の子どもたちに届けるため、これからも木を植えてまいります。


▼第3回「インドネシア植樹」概要

1.日時:
 8月25日(日)8:30~10:30

2.場所:
 ジャカルタ北部のセドヤトモ高速道路沿い

3.植樹本数:
 約24,000本(合計 約63,000本)

4.樹種:
マングローブ

5.参加人数:
 日本からのボランティア 1,100人
 地域のボランティア 400人
 イオン アジア・エコリーダーズ 80人 他
 合計約1,600人

6.主な参加者:
 インドネシア大統領諮問会議議長(元インドネシア人口・環境大臣) エミル・サリム 様
 (予定) ジャカルタ首都特別州知事 ジョコ・ウィ 様
 駐インドネシア日本国大使館特命全権大使 鹿取 克章 様
 公益財団法人イオン環境財団理事長 岡田 卓也
 イオン株式会社取締役兼代表執行役社長 岡田 元也

7.主催:
 公益財団法人イオン環境財団

8.協力:
 ジャカルタ首都特別州環境局・農林局
 PT.AEON INDONESIA
 PT.AEON CREDIT SERVICE INDONESIA
 AEON Co. (M) Bhd.

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング