アット東京とブロードバンドタワーがデータセンター間接続による両社連携サービスの提供を開始

PR TIMES / 2020年11月5日 17時45分

~アット東京のATBeXを介して、両社のサービス利用を可能に~



 株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村 晃、以下「アット東京」)と、株式会社ブロードバンドタワー(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長CEO:藤原 洋、以下「ブロードバンドタワー」、コード番号:3776 ジャスダック)は本日11月5日、両社のデータセンター間接続による連携サービスの提供を開始いたします。

 両社は2019年7月、データセンター事業における戦略的パートナーシップによるデータセンター間接続について発表し、サービスの連携についての検証を重ねてまいりました。
 そしてこのたび、アット東京のお客さまとブロードバンドタワーのお客さまは、アット東京の相互接続プラットフォーム ATBeX(*1)を介して両社の接続サービスの利用が可能になりました。お客さまは両社いずれを窓口にしても、ワンストップでそれぞれが提供するサービスについて、お申し込みからご利用まで行っていただくことができます。

 今回の相互接続によるメリット、お客さまにご利用いただける新たなサービスは下記のとおりです。

【アット東京とブロードバンドタワーのデータセンター接続、サービス連携のメリット】

・アット東京とブロードバンドタワーのデータセンター間接続によりATBeXを活用することで、アット東京のお客さまはATBeXを介して、ブロードバンドタワーの豊富な接続サービスを利用することが可能となります。またブロードバンドタワーのお客さまは、ATBeXを介して、アット東京の接続サービスを利用できます。

【今回のサービス連携によりご利用いただける新サービス】

1.ブロードバンドタワーのIPトランジットサービス(ISP/コンテンツプロバイダー向けインターネット接続サービス)をアット東京で利用
 アット東京のお客さまはATBeX経由で、ブロードバンドタワーのAS9607(*2)のIPトランジットサービスをご利用いただけます。アット東京のAS9999のサービスと組み合わせることで、異なるASでのマルチホーミング(複数経路利用)のインターネット環境を構築できます。

2.アット東京のクラウド接続サービスをブロードバンドタワーで利用
 ブロードバンドタワーのお客さまは、アット東京のATBeX経由で、AWS、Azure、Google Cloud™、IBM Cloud等のクラウドへの閉域接続サービスをご利用いただけます。50M~10Gまでのさまざまな帯域でのクラウド接続を短納期で、柔軟に構築可能です。

3.アット東京 ~ ブロードバンドタワー間のラック間接続専用線サービス
 アット東京とブロードバンドタワーのデータセンター間の相互接続環境を用いて、拠点間を跨いだL2(*3)での専用線接続を容易に構築いただけます。50M~10G未満の帯域についてはATBeX経由で、10Gおよび100Gの帯域については、WDM(*4)を介した DCI(Data Center Interconnect: データセンター相互接続)サービスで接続サービスを提供いたします。

【アット東京とブロードバンドタワーのデータセンター間接続によるサービスイメージ】

[画像: https://prtimes.jp/i/20302/38/resize/d20302-38-121632-0.jpg ]


 アット東京は、セコムグループの一員として、信頼性の高い電源供給をはじめとする最高水準の設備インフラを有する複数の大規模データセンターを運営しており、近年は国内主要IX、国内外キャリアそしてネットワークサービス事業者が集まる国内最大規模のキャリアニュートラルなデータセンターとして注目を集めています。

 ブロードバンドタワーは設立以来、日本のインターネットの中心地である大手町にデータセンター拠点を有し、インターネットの相互接続点である「インターネットエクスチェンジ(IX: Internet eXchange Point )に近い」データセンター事業者として、複数の都市型データセンターを運営してまいりました。2018年8月には、「5G」時代のデータセンターを標榜する『新大手町サイト』を開設、日本を代表する3大IX (JPIX, BBIX, JPNAP) への接続性をさらに高めるとともに、AWS、Microsoft Azureなどの代表的なメガクラウドとの直接接続をはじめとする閉域網接続サービス「dc.connect (ディーシー ドット コネクト*5) 」を展開するなど、高速かつ安定的な接続を提供し続けています。

 今後も両社はこのたびのデータセンター間接続によるサービス開始を契機として、両社のサービス・ソリューション活用などでパートナーシップを強化してまいります。そして高品質で自由な接続により、お客さまが新たな価値を創出できる環境づくりを目指してまいります。

*1: ATBeX(AT TOKYO Business eXchange / アットベックス)
  アット東京のデータセンター間および提携データセンター間で複数のお客さまネットワーク間接続を提供するネットワークサービスプラットフォーム。

*2: AS(Autonomous System: 自律システム)
 インターネットを構成する独立したネットワークを指す。個々に識別番号(AS番号)が割り当てられる。

*3: L2 (Layer 2)
 OSI参照モデルの 第2層(データリンク層)。直接的(隣接的)に接続されている通信機器間の信号の受け渡しをおこなう。

*4: WDM(Wavelength Division Multiplexing: 波長分割多重方式 )
 一本の光ファイバーケーブルに複数の異なる波長の光信号を同時に乗せることにより、高速かつ大容量の通信を実現する方式。

*5: dc.connect (ディーシー ドット コネクト)
 ブロードバンドタワーが提供しているメガクラウドとの直接接続をはじめとする閉域網接続サービス。 
  https://www.bbtower.co.jp/product-service/data-center/network/dcconnect/

以上

※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。

※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング