TEAMZと業務提携をした世界最先端のブロックチェーンサイバーセキュリティ企業「CertiK」とは?

PR TIMES / 2019年12月2日 18時25分

2019年9月、TEAMZはCertiKと業務提携し、日本のブロックチェーン関連企業へCertiKのセキュリティサービス提供を行うことを発表しました。

CertiKは、最先端の正式な検証テクノロジーを使用して、スマートコントラクトとブロックチェーンエコシステムがバグやハッカーに耐性があるかどうかを数学的に証明する、世界最先端のブロックチェーンサイバーセキュリティ企業です。先月、Ethereum財団が2020年初頭にEthereum2.0のアップデートを発表し、さらにコード監査の需要が高まる中、TEAMZとCertiKはパートナーとして日本ブロックチェーンエコシステム成長のため、セキュリティーサービスを提供していきます。



2019年9月、東京を拠点とするブロックチェーンソリューションカンパニーである株式会社TEAMZは、様々なソリューションをブロックチェーン関連企業へ提供する一環として、CertiKと業務提携し、TEAMZがCertiKのセキュリティサービスを日本市場へ提供していくこを発表しました。また、2019年11月21日、Ethereum財団が2020年初頭にEthereum2.0のアップデートを発表し、コード監査の需要が高まる中で、TEAMZとCertiKは日本市場にどのような価値を提供するのでしょうか?

[画像: https://prtimes.jp/i/31083/38/resize/d31083-38-658903-0.png ]


◆CertiK(サーティック)とは
CertiKは、ニューヨーク・北京を含む5つの地域にオフィスを構えるスマートコントラクト検証、スマートコントラクト監査等を行うブロックチェーンサイバーセキュリティ企業です。研究チームは、イェール大学やコロンビア大学等の全米最難関大学を卒業したメンバー、GoogleやMicrosoftにシステムエンジニアとして在籍した世界トップクラスのメンバーで構成されています。今まで約62億ドル相当の暗号資産に対してセキュリティソリューションを提供しており、「世界最先端のサイバーセキュリティ企業」として広く知られています。
CertiK HP : https://certik.org


◆目的
CertiKは、スマートコントラクトとブロックチェーンエコシステムのためにフォーマルベリフィケーション技術で業界をリードしており、世界トップの取引所やプラットフォームから信頼できる監査人として推薦を受けています。CertiKのサービスとブランドは既に中国と韓国市場では強力なものではありますが、日本市場では未だ広がっていません。今後は、日本市場のポテンシャルに期待しスムーズな顧客獲得チャネルの確立、日本のブロックチェーン市場の拡大、ブランドの影響力の拡大を目的とし、TEAMZと共にサービスを提供していきます。


◆実績
CertiKはこれまで、多くの有名企業や取引所等と連携をしています。下記がその一部です。

<資金調達>
中国と韓国系のマイニング、ブロックチェーン、取引所、ベンチャーキャピタル、クリプトファンドなど、35の企業とプロジェクトから資金調達を行っています。マイニングではBITMAIN、仮想通貨取引所ではBINANCE、ブロックチェーンではNEOやiCON、クリプトファンドにはDHVC、FBG Capital、8 Decimal Capital、NODE CAPITAL、Keneticなどが含まれています。

<戦略的パートナーシップ契約>
Binance(バイナンス)、KuCoin、OKEx、Huobiなどの世界クラスの仮想通貨取引所、およびBITMAIN、NEO、ICON、Terra、QuarkChainなどと戦略的パートナーシップを確立しています。

<共同出資>
Binance Labs、DHVC、Matrix、FBG、Bitmain、Lightspeed、Ceyuanなどの主要なグローバルトークンファンドと共同出資も行なっています。

<支援プロジェクト>
MYKEY、Terra、Building Blocks、Gongxinbao、TUSD、USDK、Celerなどを含む250以上うのプロジェクトを完了しました。


◆TEAMZが日本市場に提供するCertiKのサービス
TEAMZは日本市場において「コードチェッキング」と「サイバーセキュリティ」を主に提供します。

1. コード監査
取引所がプロジェクトを上場する際に必ずコードのチェックが必要となります。TEAMZが支援を行うプロジェクトにコードチェックのニーズがある場合、CertiKのスマートコントラクトプロジェクトのコードをチェックのサービスを提供します。


CertiKは全ての取引所から指定を受けており、BINANCEにおいてはCertiKのみを指定しています。複数の取引所に上場する際、従来であれば複数に分けてコードチェッキングが必要だったところ、CertiKを活用すれば1度のみで済ませることができます。また、コードに不備がある場合、CertiKはその不備のある箇所のみ修正することができるため、効率的かつコストを抑えることが可能です。

2. サーバーセキュリティ
近年、取引所がハッキングされ大量の仮想通貨が流出するという事件が多発しており、2018年上半期だけで約731億円相当の仮想通貨が盗まれました。TEAMZが支援、連携している仮想通貨取引所にニーズがある場合が、CertiKのサイバーセキュリティサービスを提供します。


CertiKはブロックチェーン専門のホワイトハッカーチームが業界特有のハッキングトレンド、セキュリティトレンドの変化を捉え、効率的かつ質の高いサイバーセキュリティのフルパッケージを他社よりも安く提供しています。システムの調査・査定し、脆弱性をクリティカルなものから情報共有レベルのものまで明らかにした後、スキャニング、テスト、リスク分析、レポート作成を行います。


◆Ethereum 2.0のアップデート
2019年11月21日、Ethereum財団が2020年初頭にEthereum2.0のアップデート行うことを発表しました。Ethereumは現在プルーフ・オブ・ワーク(PoW)でブロックの生成がされていますが、将来プルーフ・オブ・ステーク(PoS)へアルゴリズムを移行させる予定です。これにより、トランザクション性能が大幅にあがり、スケーラビリティが向上します。EthereumのPoSの移行は「Ethereum2.0」と呼ばれ、アップデートは数回の段階に分けて行われますが、その第一段階のアップデートは来年2020年のQ1に迫っています。Ethereum 2.0 フェーズ0のリリースに向け、多くのプロジェクトがアルゴリズムの監査や脆弱性の検証やアップデートを今後することが予想されます。TEAMZとCertiKは今後パートナーとして、コード監査等のセキュリティーサービスを日本市場に提供していきます。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社TEAMZ 広報担当:森園
電話:03-6675-4952 メールアドレス:info@teamz.co.jp
会社HP : https://www.teamz.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング