1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ピカリング エレクトロニクス、SMDリードリレー新製品情報“シリーズ219” Max 1kVスイッチング/Max 3kVスタンドオフ

PR TIMES / 2023年12月1日 19時40分



高性能リードリレーを代表する大手メーカーであるピカリング エレクトロニクスは、このたび業界初の高電圧表面実装リード リレー“シリーズ 219”を発表しました。この“シリーズ 219”リード リレーは、複数のパッケージ タイプ (同じサイズでピンの位置が異なる) を取り揃えており、 1FormA (SPST-NO)、2FormA (DPST)、および 1FormB (SPST-NC) 接点構成で最大1kV を切り替えることができます。スイッチ端子間のスタンドオフ電圧は最大3kV、スイッチとコイルの絶縁は最大5kV のスタンドオフ電圧を有しています。

[画像: https://prtimes.jp/i/50349/38/resize/d50349-38-1f6a6f048c536548a6e1-0.png ]

“シリーズ 219” 表面実装リード リレーは、ミックスドシグナル半導体テスターや、医療機器の検査装置、EV (電気自動車) 充電ステーションの検査装置、太陽電池発電効率の監視など、さまざまな高電圧アプリケーションに最適な製品です。

“シリーズ 219”の駆動コイル電圧は、すべての接点構成の製品に対して3V、5V、12Vの3種類のラインナップを提供しております。スイッチのスタンドオフ電圧は 2FormAで1.5kV max、1FormBで2kV max、1FormAパッケージで3kV max、スイッチーコイル間絶縁は 1FormA /1FormBで最大 5kV です。スイッチングが可能な最大電流および電力は0.7Aおよび10Wで、動作温度範囲は-40℃~+105℃となっております。

“シリーズ 219”のすべてのラインナップには「ダイオード オプション」が選択可能です。コイルへの電流が遮断されたときに発生する逆起電力から、リレーのコイルを駆動するデバイスを保護するために、リレーのコイル回路にサプレッションダイオードを有しています。このサプレッションダイオードは、急激な電流の変動による誘導電圧で、コイル駆動回路などの基板上の他のコンポーネントに損傷を与える危険性を低減する役割があります。

ピカリングエレクトロニクス社の製品開発マネージャー、ロバート=キング氏はこの“シリーズ219”リードリレーの優れた特徴について、次にように述べています。
「世界でただ1社、ピカリング社のみが表面実装タイプの高電圧リードリレーとして、通常の1FormAパッケージに加えて、2FormA パッケージと 1FormB パッケージの両方を製造しております。2FormAリレーは基板上の占有面積を極小化し、同じ設置面積で 2 つのスイッチを組み込むことが可能です。 1FormBリレーはピカリング社以外の製品では実現できない、ノーマリークローズの回路を活用した幅広い用途の回路構成をユーザーが設計できるようになります」

さらにピカリングのシリーズ 219 リード リレーには、ユーザーの幅広いニーズを実現するために、特定のアプリケーションに合わせてカスタマイズ可能ないくつかの標準ビルドオプションが用意されています。標準ラインナップや標準ビルドオプションのいずれもユーザ要求が実現困難な場合でも、ピカリング社はユーザー独自のアプリケーションに合わせてカスタマイズされたリードリレーを提供することが可能です。

ピカリング社の新製品、“シリーズ219”高電圧リードリレーの心臓部ともいえるリードスイッチには、他のシリーズと同様に、「スイッチブレードコーティング」と呼ばれる特殊コーティングが施されており、これによって様々なアプリケーションで要求される電流と電圧に適した性能を有する最高グレードの性能を実現しております。他社の追随を許さないピカリング社製品の優位性を決定づけるもう 1 つの革新技術は「SoftCenter(TM) テクノロジー」と呼ばれるもので、リード スイッチにかかる内部応力を最小限に抑え、長寿命と安定した接触抵抗を実現します。また、高密度実装の用途に対しては、オプションの磁気ミューメタルシールドと静電シールドを採用することにより、リレーの誤動作を防止することができます。


ピカリング エレクトロニクスについて
ピカリングエレクトロニクス社(Pickering Electronics)は、計装や試験装置での使用を主な目的とした高品質のリード リレーを設計および製造するために、50 年以上前に設立された英国の製造メーカです。現在、ピカリングのシングルインライン (SIL/SIP) シリーズは、多くの競合が存在するリレー業界において、約25%の市場シェアを有する最も普及した製品となっており、これらの小型 SIL/SIP リード リレーは、世界中の大手 ATEメーカ および半導体装置産業の各ユーザに広く供給されています。

ピカリンググループは以下の電子機器メーカー 3 社で構成される未公開企業グループです。
・ピカリングエレクトロニクス社:リードリレーの設計・製造
・ピカリングインタフェース社:モジュラー信号スイッチング/シミュレーション製品の設計・製造
・ピカリングコネクト社:ケーブルおよびコネクタの設計・製造

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください