No.1(*1) 知覚過敏予防用歯磨きブランド「シュミテクト(R)」新シリーズ登場 新処方で ‘24時間コントロール’! 「シュミテクト(R) デイリーケア+」2月20日新発売

PR TIMES / 2012年2月20日 15時7分



 風邪薬の「コンタック(R)」や、歯磨き剤「アクアフレッシュ(R)」など、お馴染みのブランドを有する英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都渋谷区、以下GSK)では、1992年に発売された知覚過敏で歯がシミるのを防ぐ歯磨き剤「シュミテクト(R)」の新たなシリーズとして、「シュミテクト(R) デイリーケア+(プラス)」を2012年2月20日に新発売します。

■ 「シュミテクト(R)」新シリーズに「デイリーケア+」登場!新処方で24時間コントロール!

 知覚過敏は歯周病による歯グキの退縮など、刺激が直接歯の神経に伝わり、痛みを生じる症状です。この症状は日本人の約3人に1人が経験しており(*2)、歯科医における患者数も年々増加しています。

 知覚過敏はストレスによる歯ぎしり・噛みしめの増加や、過度のブラッシングによって歯の表面(エナメル質)が傷つくことでも起こるため、年齢性別に関係なく起こり得る現代病ともいえます。また、季節や時間帯に関係なく、24時間365日起こり得る症状であるため、毎日のケアを継続しておこなうことが重要です。

 今年発売20周年を迎える「シュミテクト(R)」の新シリーズ、「シュミテクト(R)デイリーケア+」は新処方として、歯がシミるのを防ぐ硝酸カリウム(カリウムイオン)の活性化率を従来品と比べて大幅にアップ(*3)することで、知覚過敏で歯がシミるのを効果的に防ぎます。さらに、歯垢(プラーク)の除去力はそのままに研磨力を低下させたことで、歯を傷つけにくくして優しくケアします。(*3)

「シュミテクト(R) デイリーケア+」は、初めて「シュミテクト(R)」を使用する人にも、毎日の知覚過敏ケアとして使用いただけるように開発された商品です。甘い香りのフレッシュミント味で、知覚過敏だけなくフッ素配合でムシ歯も予防します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
(*1) ブランド別金額シェア(2008年~2011年 6月) SRIデータ調べ
(*2) 知覚過敏の経験者数(2010年) GSK調べ
(*3) GSK調べ


【シュミテクト(R) デイリーケア+ 製品概要】
製品名:
「シュミテクト(R) デイリーケア+」 (医薬部外品)

製品特徴:
1. 薬用成分硝酸カリウムにより知覚過敏で歯がシミるのを効果的に防ぐ
(硝酸カリウムの活性化率を従来品と比べて大幅アップ)
2. 歯垢(プラーク)除去力はそのままに低研磨性にすることで歯を傷付けにくい
3. 毎日使用にぴったりのフレッシュミント味
4. フッ素配合でムシ歯予防 (フッ化ナトリウム)

効能・効果:
歯がシミるのを防ぐ。ムシ歯の発生および進行の予防。歯を白くする。口内を浄化する。口内を爽快にする。

製造販売元:
グラクソ・スミスクライン株式会社

発売元:
アース製薬株式会社

希望小売価格:
オープン価格(90g)/消費税別

発売日:
2月20日

販売先:
全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンターなど

製品サイト:
http://hagashimiru.jp/

■ 多様化する消費者ニーズに対応する「シュミテクト(R)」シリーズ

「シュミテクト(R)」シリーズは、この度新発売する「シュミテクト(R) デイリーケア+」の他に、歯周病(歯周炎・歯肉炎の総称)予防成分を配合した「シュミテクト(R) 歯周病ケア」、ステイン(着色汚れ)を除去し、歯の持つ本来の自然な白さを取り戻す「シュミテクト(R) やさしくホワイトニング」、クリアミントジェルで口中を爽快にする「シュミテクト(R) 爽快ウォッシュ」の4アイテムで多様化する消費者ニーズに対応しています。

NEW「シュミテクト(R) デイリーケア+」(医薬部外品)
販売名:シュミテクトzc
効能・効果:歯がシミるのを防ぐ。ムシ歯予防。

「シュミテクト(R) 歯周病ケア」(医薬部外品)
販売名:シュミテクトzd
効能・効果:歯がシミるのを防ぐ。ムシ歯予防・歯周病*予防(*歯肉炎・歯周炎の総称)。

「シュミテクト(R) やさしくホワイトニング」(医薬部外品)
販売名:シュミテクトza
効能・効果:歯がシミるのを防ぐ。ムシ歯予防。歯を白くする。

「シュミテクト(R) 爽快ウォッシュ」(医薬部外品)
販売名:シュミテクトzb
効能・効果:歯がシミるを防ぐ。ムシ歯予防。口中を浄化する。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング