「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」投票 8月1日(金)より受付開始

PR TIMES / 2014年8月1日 11時50分

~理想の著名人夫婦を投票して、賞品を当てよう!~11月22日は「いい夫婦の日」! 2014年度「いい夫婦の日」キャンペーン



11月22日は「いい夫婦の日」! 2014年度「いい夫婦の日」キャンペーン
「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」投票 8月1日(金)より受付開始
~理想の著名人夫婦を投票して、賞品を当てよう!~


「いい夫婦の日」をすすめる会では、毎年恒例の「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」を実施します。これに伴い、8月1日(金)より10月3日(金)まで、「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」の投票を受付いたします。

「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」は、理想の夫婦・カップルにふさわしいお二人を広く一般から投票していただき、一般応募の得票数とその推薦理由、社会背景を基に、その年の理想の夫婦・カップルとして選出しています。

「いい夫婦の日」をすすめる会では、日本中のご夫婦に、よりいっそう素敵な関係を築いていただきたいという気持ちから1999年より実施しており、昨年(2013年度)は、多数の著名人ご夫婦の中から、大和田獏・岡江久美子夫妻が選ばれました。
(投票総数13,697件、投票期間:8月1日~10月4日)

今年は、投票いただいた方の中から抽選で、「JTBトラベルギフト5万円分」をはじめ、協賛企業からのご提供豪華商品を計57名の方にプレゼントいたします。

「いい夫婦の日」は、いい(11)ふうふ(22)の語呂合わせと、1985年に労働省(現・厚生労働省)が制定したゆとり創造月間の期間中であったことから、1988年に財団法人余暇開発センター(現・公益財団法人日本生産性本部)が夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱し、制定されました。

「いい夫婦の日」キャンペーンの本年のテーマは「いい夫婦の日は、“ふたりの時間”を大切にする日」です。「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」においても、理想の夫婦像を再確認し、夫婦同士お互いを大切に思い合って欲しいという願いを込めて、選出してまいりたいと考えています。


■「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」募集概要
○名称: 2014年度「いい夫婦の日」キャンペーン
   「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2014」
○応募締切: 2014年10月3日(金)17時
○応募内容: 芸能界から文化人、政治家、経済人など著名人カップルであれば、ジャンルは問いません。
      理想のいい夫婦と思う実在する日本在住の著名人の名前とその理由(簡単に)を記入してください。
○応募方法: Webサイト専用フォームに、住所、氏名、性別、既婚か未婚(既婚の場合は結婚何年目か)、年齢、職業、電話番号を記入のうえ、ご応募ください。
○応募先:webサイト専用フォーム URL: http://www.fufu1122.com/poy/
○賞品: ご応募いただいた方から抽選で「JTBトラベルギフト5万円分」をはじめ、キャンペーン協賛企業提供の豪華商品を計57名の方にプレゼントいたします。
 <賞品内容>
 ・JTBトラベルギフト5万円分  1名
 ・JTBナイスギフト1万円分   5名
 ・アサヒスーパードライ缶350ml (24本入) 1ケース  5名
 ・ワコール パジャマ(メンズ・レディス)  5名
 ・〈マキシム〉レギュラー・コーヒー〈ちょっと贅沢な珈琲店〉2袋  10名
 ・レナウン SIMPLE LIFE マフラー(男女ペア)  2名
 ・象印マホービン 「ホームベーカリー」BB-SS10(プライムホワイト)  3名
 ・ナルミ【グレイスエア】ペアティーコーヒーセット  5名
 ・トリンプ・インターナショナル・ジャパン インナーウエア(男女ペア)  5名
 ・日本ボウリング場協会 ボウリング1ゲーム無料券10枚  5名
 ・日本鞄協会 スーツケース(男女ペア)  1名
 ・白鶴サケペット(上撰、すっきり辛口純米1.5L)2本セット  10名
○当選発表: 賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

※同時に「いい夫婦 川柳コンテスト2014」も募集しております。
 詳しくは、URL: http://www.fufu1122.com をご覧ください。

<参考>
■「いい夫婦の日」をすすめる会とは
1985年に政府が「ゆとりの創造月間」を11月に制定。
1988年には、財団法人余暇開発センター(現:公益財団法人日本生産性本部)が夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱しました。それをきっかけに新しく制定されたのが「いい夫婦の日」です。日付は、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。
同センターによる普及のためのキャンペーンは1988年より実施。その後、一般社団法人日本ボディファッション協会の塚本能交代表が「いい夫婦の日」の趣旨に賛同され、ファッション・アパレル関連業界による「いい夫婦の日」をすすめる会(7団体・2,200社)が発足しました。
1998年には新キャンペーンがスタート。「いい夫婦の日」は夫婦を単位とした新しいライフスタイルの提案とモラルの啓発活動と併せて、新しいマーケット・モチベーションの創出を目的として広がっています。
現在は、構成団体・協賛企業・協力企業が同じプログラムのもとに共同の販促プロモーション活動を行い、産業界にとってのビジネス拡大にも寄与しています。

<後援>
経済産業省 公益財団法人日本生産性本部 公益社団法人日本観光振興協会
<特別協賛>
株式会社オーネット
<協賛企業(50音順)>
1. アサヒビール株式会社
2. 味の素ゼネラルフーヅ株式会社
 (〈マキシム〉ちょっと贅沢な珈琲店)
3.株式会社ジェイティービー
4.象印マホービン株式会社
5.目黒雅叙園
6.株式会社レナウン
7.株式会社ワコール
<協力企業>
トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社  鳴海製陶株式会社  白鶴酒造株式会社
<構成団体>
一般社団法人日本メンズファッション協会
一般社団法人日本ボディファッション協会
一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会
一般社団法人日本ジュエリー協会
公益社団法人日本ボウリング場協会
一般社団法人日本鞄協会
東京装粧品協同組合
東京ニットファッション工業組合
日本フォーマル協会
日本手袋工業組合
日本バラ切花協会
<賛同団体>
日本百貨店協会  一般社団法人日本専門店協会  日本チェーンストア協会  一般社団法人日本ショッピングセンター協会

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング