世界にわずか700kg 幻のスリランカコーヒー 「Forest Coffee」 オリジナルブレンド商品化プロジェクト

PR TIMES / 2013年6月12日 10時53分

~ クラウドファンディングサイト「東京カレンダーファンド」第5弾新企画スタート!~

東京カレンダーは、NPO法人 日本フェアトレード委員会と「東京カレンダーファンド」(http://greenfunding.jp/tokyo-calendar) にて、幻のスリランカコーヒー「Forest Coffee」オリジナルブレンド商品化プロジェクトを起ち上げ、本日より支援者を募集します。



東京カレンダー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:金田直之)は、NPO法人 日本フェアトレード委員会(所在地:熊本県熊本市、代表:清田和之)と「東京カレンダーファンド」(http://greenfunding.jp/tokyo-calendar) にて、幻のスリランカコーヒー「Forest Coffee」オリジナルブレンド商品化プロジェクトを起ち上げ、本日より支援者を募集します。

「東京カレンダーファンド」は、インターネットをつうじて多くの支援者から少しずつ資金を募りプロジェクトを実現するクラウドファンディングサイトで、飲食業界関係者に新しいビジネスや企画にチャレンジできるプラットフォームを提供しています。
日本フェアトレード委員会は世界の有機栽培コーヒー・紅茶のフェアトレードを推進しており、日本で唯一スリランカコーヒー「Forest Coffee」の卸しから販売までを行なっています。
 
スリランカコーヒーは、木々を伐採した畑ではなく、森のなかに植樹して育てられることから「Forest Coffee」と名づけられています。「スリパーダ」といわれる山で高地栽培されたアラビカ種は滑らかな口当たりで、グリーンハーブのような独特な味と香りが続くのが特徴です。
現在では、国家プロジェクトとして年間2万本が植樹され、フェアトレード商品として日本にも輸出されていますが、昨年の生産出荷実績はわずか700Kgと希少性の高いコーヒーです。

現在、紅茶の生産量が世界第3位のスリランカですが、18~19世紀にかけてはコーヒーの一大産地でした。今回のプロジェクトでは、東京カレンダーオリジナルブレンドを商品化し、スリランカコーヒーの魅力をより多くの人に知ってもらうことで、かつてのようなコーヒーの一大産地を目指し、努力している現地の方々をサポートしていきたいと考えています。


【プロジェクト概要】

 世界にわずか700kg!幻のスリランカコーヒーを復活!! 

 目標金額:100,000円
 募集期限:2013年7月15日(予定)
 支援プラン:1口1,000円~100,000円

※期間内に目標金額が集まればプロジェクトは成立し、目標金額に達しなかった場合は、資金は支援者に全額返金されます。また、支援者にはコーヒーお披露目会やコーヒー豆の収穫権など支援額に応じた多彩な特典があります。


【お問い合わせ】 東京カレンダー株式会社 担当:大平 TEL:03-5740-5839

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング