1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

<耐震構法SE構法>東京駅・大阪駅・名古屋駅で「動くポスター」がはじまる!

PR TIMES / 2013年2月4日 9時22分

~主要駅、改札前の柱に「耐震構法SE構法」デジタルサイネージを開始~

NCNでは創設以来、SE構法技術を全国500社の工務店の皆様にご採用頂き、最大の特徴である地震に強く、資産価値の高い住まいを提供して参りました。2012年12月には新たな「耐震構法SE構法」のCIを導入し、NCNの企業理念やSE構法を具体的にご理解頂けるものとしました。
今回、新CIに加え、「耐震構法SE構法」をわかりやすさとともに、動きと音で認知してもらえるよう、サウンドロゴを開発。動くサウンドロゴを開発。SE構法を支えるドリフトピンの音を、サウンドロゴにし、現場でSE構法上棟時のイメージを連想させるサウンドロゴとしました。
2月4日より、東京駅、大阪駅、名古屋駅で、デジタルサイネージを開始することをお知らせいたします。




<耐震構法SE構法>
東京駅・大阪駅・名古屋駅で「動くポスター」がはじまる!
~主要駅、改札前の柱に「耐震構法SE構法」デジタルサイネージを開始~

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL: http://www.ncn-se.co.jp/)は、SE構法は2012年12月より新たなCI「耐震構法SE構法」を導入しました。
2013年2月4日(月)から、東京駅、大阪駅、名古屋駅の改札口外で、「動くポスター」、デジタルサイネージがスタートすることをここにお知らせします。

NCNでは創設以来、SE構法技術を多くのビルダーの皆様にご採用頂き、最大の特徴である地震に強く、資産価値の高い住まいを提供して参りました。2012年12月には新たな「耐震構法SE構法」のCIを導入し、NCNの企業理念やSE構法を具体的にご理解頂けるものとしました。
 
今回、新CIに加え、「耐震構法SE構法」をわかりやすさとともに、動きと音で認知してもらえるよう、サウンドロゴを開発。動くサウンドロゴを開発。SE構法を支えるドリフトピンの音を、サウンドロゴにし、現場でSE構法上棟時のイメージを連想させるサウンドロゴとしました。

デジタルサイネージでは、動きだけではありますが、関東・関西・中部の各主要駅で、デジタルサイネージをスタートいたします。放映スケジュールは以下のようになっております。
●関東エリア:東京駅八重洲口
●関西エリア:大阪駅御堂筋口
●中部エリア:名古屋駅太閤通口
の3駅で、一斉にデジタルサイネージをスタートいたします。

 こうした取り組みにより、1人でも多くの方に「耐震構法SE構法」がどんな構法であるかを知って頂くことにより、お客様の住まいに対する意識も大きく変化していくものと考えております。

以 上


■デジタルサイネージイメージ


    
※デジタルサイネージの詳細は、こちらをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=YU9u2Bixg7Y&feature=youtu.be


■SE構法について
SE構法とは、コンピュータ制御による高精度プレカットによって作られた集成材を軸組部分に採用し、接合部にNCN独自開発によるSE金物を使用することによって、圧倒的な構造強度を実現、大空間や大開口を可能にした住宅構法で、国土交通大臣の一般認定を取得しています。また、CADと連動した立体応力解析を物件ごとに行うことで、「勘」に頼らない、具体的な構造計算のデータを基にした安全性を確保できるため、真に安心して建てることのできる住宅として注目されています。施工する工務店も、NCNが開催する講習を受け試験に合格し登録施工店の資格を取得する必要があります。現在472社(2012年12月末現在)が「SE構法登録施工店」として活躍しています。 創業以来、全棟構造計算・全棟性能保証を実施し、延13,012棟(2012年12月末実績)の構造計算を行ってまいりました。
※本文中記載の社名、及び商品名は各社の商標または登録商標です。

(参考)「デジタルサイネージ」とは
デジタル・サイネージ(英: Digital Signage=電子看板)とは、表示と通信にデジタル技術を活用して平面ディスプレイやプロジェクタなどによって映像や情報を表示する広告媒体である。デジタル通信で表示内容をいつでも受信が可能で、内蔵記憶装置に多数の表示情報を保持することで必要ならば秒単位で表示内容を切り替えたり動画表示を行うなど、多様な映像広告を展開することができる。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング