Beacon対応の家電機器やセンサーを実現する技術を開発

PR TIMES / 2013年11月25日 13時3分

~ 通販アプリと連携した消耗品販売や防災・防犯センサーと連携して安心安全を身近に ~

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、家電機器やセンサーの状態を暗号化し、自動的にBeaconとして発信することにより、通販アプリと連携して消耗品の購入を促進したり、ホームセキュリティや見守りサービスを安全で簡単に実現できる技術を開発※したことを発表いたします。



iOS 7の新機能iBeaconやAndroid OSからも利用できるBeaconは、店舗や施設等で位置情報サービスやクーポンを使った販促等に利用され始め急速に普及しつつあり、利用者の中でBeaconの認知度が上がる中、さらに幅広い用途への応用も期待されています。しかし、Beaconの送信するデータは誰でも受信可能なため、家庭やオフィスのプライバシーの保護や情報のセキュリティを確保できませんでした。また、Beaconのデータはスマートフォンからも送信できるため、簡単に成りすますことができてしまいます。

アプリックスでは、健康機器や住宅設備等をスマートフォンに安全に繋げるセキュリティ機能とBeaconを組み合わせることにより、Beaconが送信したデータを受信しても内容がわからないよう暗号化し、また、電子認証により成りすましも防止することができます。さらに、Beacon情報を管理するためのセキュリティソリューションを利用して、製品購入後にBeaconが送信するデータを変更し、勝手に書き換えられないように保護できます。

今回発表した技術を利用することにより、一つのアプリケーションで複数の家電機器やセンサーのBeaconをセキュアに受信できるようになり、洗濯機・炊飯器・コーヒーメーカー・オーブン・沸騰ポット・風呂のお湯張り等の完了通知、加湿器の水切れ、フラワーポットの乾燥等、生活を快適にするサポートアプリケーションを実現し、ライフスタイルに合った商品の提案を行ったり、空気清浄機や浄水器のフィルターの交換、ウォーターサーバーやコーヒーカプセル、ポッドの補充等の消耗品の販売等に繋げることができます。また、情報の暗号化と成りすまし防止の機能により、窓の開閉や人感センサー、火災報知器や温湿度計等と連携して、ホームセキュリティや見守り等のサービスも安全で簡単に実現できます。さらに健康機器に利用することにより、その都度スマートフォンに繋げることなく、測定後に自動的に体重・体脂肪・血圧・血糖値等のデータが暗号化され、Beaconとして受信可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング