UBIC独自の人工知能技術を駆使した「Lit i View EMAIL AUDITOR」を活用し、情報漏えいを予兆・防止

PR TIMES / 2014年5月13日 17時8分

「第11回情報セキュリティEXPO【春】」にてブース出展・セミナーを開催いたします

米ナスダック、東証マザーズ上場で人工知能を駆使した、ビッグデータ解析事業を手がけるUBIC(本社:東京都港区、代表取締役社長・守本正宏)は、当社独自の人工知能である「バーチャルデータサイエンティスト」を搭載した「Lit i View EMAIL AUDITOR(リットアイビュー・イーメールオーディター)」を活用することにより、企業の機密文書の漏えいを防ぐサービスを6月1日より開始いたします。また、この「Lit i View EMAIL AUDITOR」の活用について、5月14日(水)~5月16日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第11回情報セキュリティEXPO【春】」にブース出展しご紹介いたします。EXPO開催期間中はブース内にて開発者による当社独自の人工知能技術(特許取得済み)の説明を含むセミナーを開催し、本システムがどのような仕組みで自動監査を行うのかを中心に説明いたします。

 企業間の人材流出入増加に伴い、企業を退職した社員が退職時に機密情報を持ち出し、転職先の企業に持ち込むという事件が後を絶ちません。そして、漏えいを許した企業が受けるダメージは計り知れません。こうした状況に対する法整備も進められており、また近年では、労働契約の側面から社員と守秘義務や競業避止義務を締結したり、システム面での対応として、社内データにアクセス権限を設定したりする企業が増えています。しかし、これらの対応には、一定の抑止効果はあるものの、決定性を欠いているのが実情です。

 この現状を打破するのが、当社の電子メール自動監査システム「Lit i View EMAIL AUDITOR」です。当社では情報漏えいは「醸成」「準備」「実行」の3つのステージで構成されると考えています。「Lit i View EMAIL AUDITOR」では、人工知能が「醸成」ステージで兆候を発見し、監査することにより、その後のステージで情報漏えい発生予兆をいちはやくとらえ、有効な対策実施に導きます。それぞれのステージで行われるコミュニケーションを分析するために、本システムでは、当社の長年にわたる豊富な調査実績と、そこで培った膨大なデータの解析、研究の成果を元にしたナレッジベースを活用した、「情報漏えい行動予兆」と「機密情報認識」の2つの機能を搭載しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング