「OPTiM AI Camera」、「Safie」と連携

PR TIMES / 2019年10月17日 19時35分

国内クラウド録画サービスNo.1 シェアを持つ映像プラットフォームと組み合わせ、オプティムの学習済みAIモデルの導入を促進

クラウド録画サービスシェアNo.1(※1)の「Safie(セーフィー)」(以下:セーフィー)を開発・運営するセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)と、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(東京都港区:代表取締役社長 菅谷俊二、以下:オプティム)は、相互に製品連携を行うための基本合意を締結し、セーフィーとAIを活用した画像解析ソリューション「OPTiM AI Camera」の接続検証を完了しました。



 これにより、セーフィーを利用中のお客様は、「OPTiM AI Camera」の11業種に向けた300種類を超える学習済みAIモデル適用メニューがすぐに利用可能となります。

 今後はセーフィーと「OPTiM AI Camera」がよりシームレスに連携するなど、より一層相互のお客様の価値創造を目指した協業を図って参ります。

■システム連携イメージ

[画像1: https://prtimes.jp/i/17641/39/resize/d17641-39-356265-0.png ]



■画面連携イメージ

[画像2: https://prtimes.jp/i/17641/39/resize/d17641-39-456695-1.jpg ]



※1 テクノ・システム・リサーチ社調べ「2018年ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より


■「OPTiM AI Camera」について
 オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」とは、店鋪や施設など業界別・利用目的別に設置されたさまざまな種類のカメラからデータを収集し、学習済みモデルを活用して画像解析を行うことでマーケティング、セキュリティー、業務効率などの領域を支援するパッケージサービスです。「OPTiM AI Camera」では、「医療機関」や「小売」、「鉄道・交通機関」など11業種を対象とした計300種類を超える学習済モデルを適用したメニューを備えており、低コストで実用化できるサービスを開始することが可能です。

■株式会社オプティムについて
東京本社所在地:東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 21階
設立:2000年6月
上場市場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:3694)
資本金:443百万円
代表者:代表取締役社長 菅谷 俊二
事業内容:ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業
(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)
URL: https://www.optim.co.jp/

■セーフィー株式会社について
 Safie(セーフィー)はカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画型映像プラットフォームを開発・運営しており、2017年にクラウド録画カメラ国内シェアNo.1を獲得。「映像から未来をつくる」をビジョンとし、映像があらゆるところで活躍する未来を創造し、多くの人が手軽に使えるプラットフォームを目指しています。

所在地:東京都品川区西五反田 2-29-5 日幸五反田ビル6F
設立:2014年10月23日
資本金:1億円
代表者:代表取締役社長 佐渡島 隆平
事業内容:クラウド録画型映像プラットフォーム「Safie」の開発・運営および関連サービスの提供
URL: https://safie.link/


【本件に関するメディアのお問い合わせ先】
セーフィー株式会社
Tel 03-6417-9556 / Email pr@safie.jp
鈴木章子 070-3351-1248

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング