ゴールデンウィーク中の仕事に関する意識調査

PR TIMES / 2014年4月18日 11時39分

~TeamViewerがGW休暇中の仕事への関わり方とコンピューター・デバイスの利用に関する 意識調査を実施~

スマートフォンやタブレットなどのコンピューター・デバイスの利用が進み、ゴールデンウィークなどの長期休暇中にもビジネスで利用するシーンが増えています。そこで、リモートコントロール・ソリューションとオンラインプレゼンテーションソフトウェアのスペシャリストであるTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、GWに休暇を取る予定のビジネスパーソン男女453人を対象に、GW中の仕事への関わり方とコンピューター・デバイスの利用に関する意識調査を実施致しました。 TeamViewerのゼネラルマネジャーであるホルガー・フェルグナー(Holger Felgner)は、「休暇中にも仕事を行うビジネスパーソンが増えており、仕事の効率的なツールはこれまで以上に重要なものとなっています。TeamViewerは、休暇中にやむを得ず生じるリクエストに迅速かつ容易に対応するためにより高い柔軟性、多くの選択肢、そして能力を提供し、ユーザーが最も効率的に仕事を行い、休暇を楽しむことを可能にいたします」と述べています。

※1 「リモートコントロール」とは、遠隔地で他のデバイスからログインし、あたかもそのコンピューターの前に座っているかのように管理することを意味します。 ※2 「コンピューター・デバイス」とは、デスクトップ、ラップトップ、ネットブッグ、ダブレット(iPadなど)、スマートフォン(iPhoneなど)、ポータブル・ゲーム機(任天堂DSなど)、携帯電話などを指します。

~ 主な調査結果 ~
■ GW休暇中に仕事をする予定のある人は約半数!
仕事内容は「メールを読む」、「電話を受ける」、「資料を作成する」。 GW休暇中に仕事を行うことがあるかを尋ねたところ、全体の約半数(48.1%)が「仕事を行うことがある」と回答しました。さらに、GW休暇中の仕事内容を尋ねたところ、「仕事関連のメールを読む」と回答した人が最も多く(29.4%)、以下「仕事関連の電話を受ける」(17.2%)、「家のパソコンで資料にアクセスする」(15.0%)という結果が得られました。半数の人が休暇中もメールや電話で仕事の状況を確認しているという実態が明らかになりました。

■ 「休暇中に仕事を行うとは一般的」と回答した人が約半数にのぼる!!
「休暇中に仕事をおこなわなければならない状況は、日本において一般的になっていると思うか」を尋ねたところ、全体の約半数(48.2%)が「そう思う」と回答しました。理由については、「コンピューター・デバイスの普及によって、頻繁に連絡を取れるようになった」や「仕事相手が休暇に関係ないので、相手に合わせて仕事を行う」と回答し、休暇中にもコンピューター・デバイスを利用して仕事を行っている状況が明らかになりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング