<耐震構法SE構法>「木造建築の新時代」特別講演会 開催!

PR TIMES / 2013年2月6日 9時26分

~これからの木造建築の新たな可能性~

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、SE構法は2012年12月より新たなCI「耐震構法SE構法」を導入しました。

2013年2月13日(水)に、
大規模建築物の木造化にむけた特別講演会「木造建築の新時代」を開催することをここにお知らせします。

NCNでは創設以来、SE構法技術を多くのビルダーの皆様にご採用頂き、最大の特徴である地震に強く、資産価値の高い住まいを提供して参りました。2012年12月には新たな「耐震構法SE構法」のCIを導入し、NCNの企業理念やSE構法を具体的にご理解頂けるものとしました。
ここ数年、「耐震構法SE構法」は、住宅のみではなく、公共建築物や教育機関などの木造建築物化が進み、SE構法での木造建築物も多数竣工されています。
今回、こうした施工事例も踏まえ、構造家/播繁氏、建築ジャーナリスト/中谷正人氏を迎え、「木造建築の新時代」を開催いたします。




<耐震構法SE構法>
「木造建築の新時代」特別講演会 開催!
~これからの木造建築の新たな可能性~

株式会社エヌ・シー・エヌ
本社:東京都港区赤坂4-8-14
社長:田鎖郁男、資本金:1億円

全棟構造計算書付きのSE構法を独立系住宅ビルダー、工務店による全国のSE構法登録施工店を通じて供給している株式会社エヌ・シー・エヌ(以下 NCN、URL:http://www.ncn-se.co.jp/)は、SE構法は2012年12月より新たなCI「耐震構法SE構法」を導入しました。
2013年2月13日(水)に、特別講演会「木造建築の新時代」を開催することをここにお知らせします。

NCNでは創設以来、SE構法技術を多くのビルダーの皆様にご採用頂き、最大の特徴である地震に強く、資産価値の高い住まいを提供して参りました。2012年12月には新たな「耐震構法SE構法」のCIを導入し、NCNの企業理念やSE構法を具体的にご理解頂けるものとしました。
 
ここ数年、「耐震構法SE構法」は、住宅のみではなく、公共建築物や教育機関などの木造建築物化が進み、SE構法での木造建築物も多数竣工されています。
 
今回、こうした施工事例も踏まえ、構造家/播繁氏、建築ジャーナリスト/中谷正人氏を迎え、
「木造建築の新時代」を開催いたします。

■特別講演会「木造建築の新時代」概要

●基調講演
『木造建築の可能性』:構造家/播繁氏、建築ジャーナリスト/中谷正人氏

●ディスカッション
『木造建築の新時代』
パネリスト
構造家/播繁氏
建築ジャーナリスト/中谷正人氏
株式会社エヌ・シー・エヌ代表取締役社長/田鎖郁男

●日時
 2014年2月13日(水) 13:00~16:40(会場:13:00)
●会場
 岡山コンベンションセンター/3Fコンベンションホール
(岡山県岡山市北区駅元町14-1 JR岡山駅 中央改札口より徒歩3分)
●参加費用
 入場無料(事前申込制)
 お申込みはこちらから→http://www.ncn-se.co.jp/lswc/seminar.html

 こうした取り組みにより、1人でも多くの方に「耐震構法SE構法」の新たな可能性を感じていただけるものと考えております。

以 上
■「木造建築の新時代」
       

※ご参加については、事前申込み制となっております。お申込みは下記よりお申込みください。
http://www.ncn-se.co.jp/lswc/seminar.html 

■SE構法について
SE構法とは、コンピュータ制御による高精度プレカットによって作られた集成材を軸組部分に採用し、接合部にNCN独自開発によるSE金物を使用することによって、圧倒的な構造強度を実現、大空間や大開口を可能にした住宅構法で、国土交通大臣の一般認定を取得しています。また、CADと連動した立体応力解析を物件ごとに行うことで、「勘」に頼らない、具体的な構造計算のデータを基にした安全性を確保できるため、真に安心して建てることのできる住宅として注目されています。施工する工務店も、NCNが開催する講習を受け試験に合格し登録施工店の資格を取得する必要があります。現在472社(2012年12月末現在)が「SE構法登録施工店」として活躍しています。 創業以来、全棟構造計算・全棟性能保証を実施し、延13,012棟(2012年12月末実績)の構造計算を行ってまいりました。
※本文中記載の社名、及び商品名は各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング