家電機器やセンサー等が通販アプリや健康管理サービスと簡単に繋がるM2Mシステムを提供

PR TIMES / 2013年11月25日 13時3分

~ 製造業とサービス業が連携してM2Mを活用した新しいビジネスの創出を可能に ~

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、家電機器やセンサー等の製造メーカーが製品出荷後も製造物責任に対応したサードパーティーアプリを増やしていくことができる基盤技術を開発し、消耗品の交換や補充を通販アプリに通知したり、さまざまな機器の利用状況からライススタイルに合った商品の提案を行うなど、サプライビジネスやアフターサービスによって製品の売り切りではなく、製品のライフサイクルにおいて販売後も各タイミングでさまざまな提案を行うことで、売上に繋げていくことが簡単に実現できるM2Mシステムの提供を発表いたします。



従来のM2M技術では、機器の製造メーカーが確実な動作を保証するためだけでなく、使用者の安全やプライバシーを保護するために、機器と一緒にメーカー純正アプリを提供してきました。このため、ユーザーはさまざまな機器と連携するために複数のアプリケーションをスマートフォンにインストールする必要があり、データ記憶容量を圧迫するだけでなく、消費電力が増えてバッテリーの消耗が早くなり、アプリケーション間のデータの共有や機器間の連携も簡単にはできませんでした。

アプリックスが新たに開発したM2M技術は、機器とアプリケーションの双方を電子認証で照合させることにより、プライバシーの保護が確認されていないアプリケーションに対して機器がデータを送信するのを防いだり、動作の安全性が検証できていないアプリケーションから操作されるのを機器側で防ぐことが可能となり、悪意のあるアプリケーションや製品仕様を超えるような使い方をするアプリケーションによって製造物責任を問われるような事故を回避することが可能となります。

また、このアプリックスの技術を活用したM2Mシステムを利用することにより、ネット販売や各種のライフサポートサービスのアプリケーションと連携し、洗濯機・炊飯器・コーヒーメーカー・オーブン・沸騰ポット・風呂のお湯張り等の完了通知、加湿器の水切れ、フラワーポットの乾燥等、ユーザーの利用状況やライススタイルに合った商品の提案を行ったり、空気清浄機や浄水器のフィルターの交換、ウォーターサーバーやコーヒーカプセル、ポッドの補充等の消耗品の販売等、製品販売後の継続的な売上に繋げることが簡単にできます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング