成人期AD/HD(18歳以上)当事者100名を対象とした調査/6都道府県11施設の発達障害者支援センターアンケート

PR TIMES / 2013年6月12日 12時51分

成人期のAD/HD当事者 一日を通して様々な場面で困難抱え、生活に支障~7割以上が人間関係・就労・日常生活で「困っている」~



日本イーライリリー株式会社(本社:神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、18歳以上の注意欠陥/多動性障害(以下、AD/HD)当事者の現状や社会生活上の困難等を明らかにすることを目的に、全国で18歳以上の男女100名のAD/HD当事者を対象としたインターネット調査を実施致しました。同時に、6都道府県11施設の発達障害者支援センターへのアンケートも実施、成人期AD/HD(18歳以上)当事者を取り巻く現状が明らかとなりました。(調査時期:2011年)


成人の社会生活は子どもよりも複雑になり、責任も重くなるため、家庭や職場など、一日を通した様々な状況においてAD/HDの症状が与える影響も大きくなります。日本イーライリリーでは、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療剤「ストラテラ(R)(一般名アトモキセチン塩酸塩)」について、日本で初めて、成人期のAD/HDへの適応追加の承認を2012年8月に取得しました。これにより、今まで承認された治療薬がなかった、成人期(18歳以上の)AD/HD患者にも薬物治療という選択肢を提供できることになりました。しかしながら、AD/HDの症状は障害とは気づかれにくく、特に成人期AD/HDについての正しい理解や適切なサポートは未だ十分ではありません。


主な調査結果は以下の通りです。
■7割以上の成人期AD/HD当事者が、様々な場面で困難を抱えていると回答
「日常生活」75.0%、「人間関係」83.0%、「就労」79.0%が困っている(「非常に困る」、「困る」、「少し困る」の合計)と回答【グラフ1.】。「日常生活」において最も困っていることとしては、「感情のコントロールができない」32.0%【グラフ2.】。「人間関係」においては「周囲から孤立してしまう」41.0%【グラフ3.】、「就労」においては「仕事に就いても、業務を遂行することが困難」35.4%【グラフ4.】と回答。
■就労時、最も困る症状は、AD/HD特有の「不注意」
 就労時、AD/HDの症状が原因で困ることとして最も多かったのは、「同じミスを何度も繰り返す」72.7%、続いて「複数の業務を同時進行することができない」59.7%、「頼まれた業務を忘れてしまう」55.8%【グラフ5.】。
■周囲の理解、浸透していないことが示唆
自己肯定感が低い傾向がみられ、特に、「周囲の人から認められ、理解されている」「自分らしく生き生きと日々を過ごせている」と回答した成人期AD/HD当事者は、わずか12.0%であることが判明、周囲の理解が浸透していないことが示唆されました【グラフ6.】。
■成人期AD/HD当事者からの相談で最も多いのは就労に関する相談
発達障害者支援センターに成人期AD/HD当事者から寄せられる相談で最も多い内容は、「就労」54.5%【グラフ7.】。「就労」に関する相談内容で最も多いのは「仕事が長続きしない」90.9%【グラフ8.】、「日常生活」においては「家事ができない」81.8%【グラフ9.】、「人間関係」においては、「家族や同僚、友人との人間関係を築くことができない」63.6%【グラフ10.】でした。 

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング