ダッソー・システムズ、アクセルリス社を買収

PR TIMES / 2014年2月12日 11時36分

エクスペリエンスの時代における科学的イノベーションを提供

3D エクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)と、化学、バイオサイエンス、およびマテリアル分野向け科学的イノベーション・ライフサイクル・マネジメント・ソフトウェアの大手プロバイダーであるアクセルリス社(Accelrys, Inc., NASDAQ: ACCL)は本日、ダッソー・システムズがサンディエゴに本社を置く アクセルリス社を買収することで最終的な合併契約に署名したことを発表しました。



ダッソー・システムズは合併契約の条件に従い、アクセルリス社普通株の全発行済み株式に対して、無利息、1 株あたり 12.50 ドルにて、全額現金で株式公開買い付けを行う予定です。これは、アクセルリス社の完全希薄化後の純資産額で約 7 億 5,000 万ドルに相当します。ダッソー・システムズは、公開買い付けの終了後、できる限り速やかに合併を完了し、公開買い付けで買い付けられなかった アクセルリス社のあらゆる株式を購入する予定です。

アクセルリス社との合併により、ダッソー・システムズの配合や処方を基盤とする業界向けソリューションにおいて、発見から製造、法規制要件に至る分子化学の関連機能を強化されます。対象となる業界は、医療機器・医薬品、パッケージ製品、ハイテクおよびエネルギー、先端製造業などがあります。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者(CEO)であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「科学的イノベーションの実現という点で、ダッソー・システムズは、Max Carnecchia 氏ならびに彼のチームと同じ情熱を共有しています。そして我々が一丸となって アクセルリス社の優れた資産を活用することで、比類ない、独自の科学分野向け PLM ソリューションを提供できるようになると確信しています。世界はサステナビリティー(持続可能性)に関して、化学、マテリアル、バイオサイエンスのすべてをカバーする新たな思考的枠組みを必要としています。そしてこれこそ、自然環境や人々の生活と製品の調和が保てることを事前検証するためにダッソー・システムズが提供する、想像を形にするツールからインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスに至るまでのバーチャル・ユニバースによって、実現可能となるのです。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング