GDO、顧客との関係強化のためのメールマーケティングで、レスポンシス、ネットイヤーグループを採用

PR TIMES / 2013年11月15日 11時30分

インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、
以下GDO)は、ネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石黒不二代、
以下 ネットイヤーグループ)、レスポンシス合同会社(本社:東京都港区、代表:アジア太平洋
地域担当プレジデント、ポール・クロス、以下レスポンシス)の協力のもと、ゴルフ総合ポータル
サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン」にクロスチャネル・マーケティングプラットフォーム
「Responsys Interact Marketing Cloud」※を導入しました。




国内におけるゴルフ人口は、オリンピック正式種目化による経済波及効果は期待されつつも、近年緩やかな減少傾向にあり、またモバイル端末の急速な普及や、次世代高速通信網の整備拡大等により、利便性は高まりつつも、マーケティング手法は多様化、高度化が進み、顧客獲得競争は激化が予想されます。そんな中でGDOでは、お客様との関係を維持・強化していくことを成長戦略の柱と位置付け、あらゆる顧客接点を通して顧客満足の最大化、ゴルフライフの充実を目標にしています。その方策として、まずはメールを中心としたCRMプログラムの強化・充実を目指し、GDOが持つ、予約、販売、閲覧等の膨大な顧客データを活用した、顧客中心のコミュニケーションを可能とする「Responsys Interact Marketing Cloud」の採用に至りました。

GDOは、デジタルマーケティング戦略立案及び、プロジェクトマネージメントを得意とするネットイヤーグループのプロデュース力と、Email Marketing Vendersとして最高評価を獲得した「Responsys Interact Marketing Cloud 」を提供するレスポンシスの技術力の融合により、お客様との関係性強化の第一歩を本取り組みによりスタートいたしました。

今後、3社協力のもとに、GDOが持つ豊富なデータを有効活用し、デジタルマーケティング戦略の一環として、単なる情報提供や予約サービス、ネットショップにとどまらない、ゴルフファンにとって価値ある場を創出してまいります。


※GDOのメール・マーケティング・コンセプトに関するイメージ図


※「Responsys Interact Marketing Cloud 」とは

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング