蝶野正洋氏のアパレルブランド「アリストトリスト」、NTTコム オンラインのメッセージサービス「SMS MessageGatewayService」を導入

PR TIMES / 2014年7月15日 11時9分

~3日間で導入完了!サイト訪問を3割増加させた顧客コミュニケーションを本格導入~

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本良江、以下 NTTコム オンライン)は、プロレスラーの蝶野正洋氏が手掛けるアパレルブランド「アリストトリスト」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蝶野正洋)が、顧客へのコミュニケーション手段としてNTTコム オンラインの「SMS MessageGatewayService」を本格導入したことを発表します。





1.背景
 アリストトリストでは、これまでダイレクトメール(DM)やメールマガジンを送ることで、ファン(顧客)とのコミュニケーションを図ってきました。しかし、メディアの多様化やスマートフォンの普及、ナンバーポータビリティ制度の浸透などの影響を受け、DMやメールマガジンを開封している顧客は2~3割であることが判明しました。
 顧客のスタイルにあった手法で商品/サービスの再認知を促進することが必要との認識から、アリストトリストではコミュニケーション手段としてショートメッセージ(SMS)を利用できないかと考えました。そこで、NTTコム オンラインが提供する“より簡単・より確実”なメッセージサービス「SMS MessageGatewayService」の利用が検討されました。
 テスト運用の結果、メッセージは顧客の携帯電話に100%到達し、誘導先のウェブサイトのページビューは3割増加しました。また、ウェブサイトではなく実店舗で購入する顧客もいることから直接的な効果は測れないものの、通常時に比べておよそ1割の売上増加を実現しました。この結果をふまえ、アリストトリストでは「SMS MessageGatewayService」を本格導入することになりました。


2.導入の内容
 アリストトリストでは、NTTコム オンラインの「SMS MessageGatewayService」を利用して、顧客の携帯電話にSMSによるメッセージを送付します。

<「SMS MessageGatewayService」の利用イメージ>
1.配信メッセージと顧客リスト(携帯電話番号)を「SMS MessageGatewayService」に登録。
2.「SMS MessageGatewayService」は登録されたメッセージをリスト内の携帯電話番号に対してSMSで送信。
3.送信されたSMSを顧客が開封し、メッセージ内で紹介されるウェブページのURLに顧客がアクセス。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング