【電子マネーに関するアンケート調査】ここ1年の利用率は「Suica」が最多、買い物時では「WAON」。買い物の決済に電子マネーを優先する人は3割強

PR TIMES / 2013年11月15日 9時35分

■直近1年間に利用した非接触IC型電子マネーは「Suica」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」「PASMO」の順で多い。買い物で最もよく使った電子マネーは「WAON」が最多、「Suica」「楽天Edy」「nanaco」が上位

■直近1年間の電子マネー利用者のうち、買い物時に電子マネーで支払うことが多い人は3割強、男性や30・40代で多い。1回あたり利用金額は「300~500円未満」「500~1000円未満」がボリュームゾーン



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『非接触IC型電子マネー』に関してインターネット調査を実施し、2013年10月1日~5日に11,957件の回答を集めました。第5回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18315/

◆直近1年間に利用した電子マネー、利用場所、利用意向
 直近1年間で利用したことがある電子マネーは「Suica」「WAON」「nanaco」「楽天Edy」「PASMO」の順で多く、各2~3割です。「楽天Edy」は男性が女性を約15ポイント、「WAON」は女性が男性を約12ポイント上回ります。男性30代では「楽天Edy」、女性30代以上では「WAON」が1位です。関東では「Suica」、それ以外では「WAON」が最も多くなっています。電子マネーの利用意向は66.3%、若年層で多い傾向です。

 電子マネーの利用場所は「交通機関」「コンビニエンスストア」が6割前後でトップ2、「スーパー」「自動販売機」「駅の売店」が各3~4割で続きます。「スーパー」は2011年調査よりやや増加、また女性が男性を約11ポイント上回ります。「コンビニエンスストア」は男性10・30・40代で1位です。『Suica』『PASMO』利用者では、交通機関の他、「自動販売機」「駅の売店」の比率も高くなっています。


◆買い物での電子マネー利用頻度、決済状況、1回あたりの決済額
 買い物で電子マネーを利用する頻度は「月に1回以下」が22.4%でボリュームゾーンです。「週2~3回」「週1回」「月に2~3回」も各2割弱みられます。男性や30・40代で利用頻度が高い傾向です。買い物でよく『iD』や『QUICPay』を利用する人では「週4~5回以上」が多くなっています。

 電子マネーが使える店舗で買い物する際に、電子マネーで支払うことが多い人は33.1%で、男性や30・40代で多くなっています。1回あたりに利用する金額は「300~500円未満」「500~1000円未満」が各2~3割でボリュームゾーンです。利用金額は、男性は高年代層ほど、女性は20代以降年代が高いほど多くなっています。また、買い物時に『WAON』をよく利用する人でも多い傾向です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング