「未来型『地方創生』実践手法」セミナーレポートを公開

PR TIMES / 2015年10月26日 12時24分

地方創生を未来につながるムーブメントにするためのソーシャルデザインとは?

「地方創生」を一過性のブームに終わらせず、地域や社会の真の課題を解決し、未来につながるムーブメントにするためにはどうすればいいのでしょうか。
博報堂Consulaction(コンサラクション)は、地方の未来を切り拓くための実践手法をテーマにセミナーを開催しました。
内閣府選定の地方創生先行自治体に選ばれた高知県佐川町の堀見和道町長と、デザインの力で地域を活性化させる取り組みを推進している博報堂/issue+design代表の筧裕介が「地方創生の現在」について語り合ったセミナーの模様をぜひご覧ください。



▼詳細はコチラ
http://as.xa.impact-ad.jp/ADCLICK/CID=0000047B898CD5B286219698/HASH=1J4KZ

博報堂Consulactionセミナー
「未来型『地方創生』実践手法~市場を創る、人材を生み出すための、ソーシャルデザインとは?~」
(2015年9月15日開催)

講演1 「地域の今と地方創生総合戦略」 堀見和道(高知県佐川町長)
講演2 「ソーシャルデザイン:地方創生のためのデザイン思考」 筧裕介(博報堂/issue+design代表)

[画像: http://prtimes.jp/i/8062/40/resize/d8062-40-687194-1.jpg ]

▼詳細はコチラ
http://as.xa.impact-ad.jp/ADCLICK/CID=0000047B898CD5B286219698/HASH=1J4KZ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング