ふんわりやわらかな着ごこちで暖かくてムレにくい。快適な暖かさをキープするニットインナー『ふわ暖』発売

PR TIMES / 2014年9月3日 15時13分

株式会社ワコールは、ふんわりやわらかな着ごこちで、室内外の温度差を考慮し快適な暖かさをキープするニットインナー『ふわ暖』を2014年8月中旬より発売しました。



ワコールでは、2011年より希少価値が高い綿“天綿”を使用した、暖かさとしなやかで上質な風合いを併せ持つ冬のニットインナーを発売し、好評を得ています。

『ふわ暖』は、“天綿”による着ごこちの良さと暖かさに加え、秋冬の室内外の温度差に着目し、寒い時は暖かく、暑い時はムレにくいといった、“吸湿発熱”機能を取り入れ、快適な暖かさを追求したニットインナーです。

“天綿”は、超長綿のなかでも特別に長い繊維だけを厳選使用した希少な綿。綿素材でありながら超極細のわたを使用し、空気を含んだ糸構造により、暖かく、ふんわり軽い着ごこちです。これに、“吸湿発熱”機能を加えることで、暖房が効いた室内や通勤電車などと、寒い屋外の温度差にも対応し、快適な暖かさをキープします。『ふわ暖』は、全国の百貨店、チェーンストア(量販店)、下着専門店、ワコールウェブストアで発売し、2014年8月~2015年1月で合計35万枚の売上を目指します。


■企画背景

寒い季節に欠かせない“あったかインナー”は、冬場の定番アイテムとして定着し、保温性のみならず、肌ざわりや着ごこちにこだわった素材や、アウターウェアに対応する機能などがプラスされたアイテムが登場しています。中でも、天然繊維のご要望は多く、近年市場においても綿素材を使用したものが増えています。ワコールでは2011年より希少価値の高い、暖かさとしなやかな風合いを兼ね備えた綿“天綿”を使用したニットインナーを発売し、好評を得ています。
一方、秋冬の季節には室内は暖房で暑くムレて、外は寒いという状況が起こり、そのため“着るものに悩む”人も多く、冬の健康管理のポイントとして、“温度差への対応”や“衣服の選び方”についての情報が、近年、話題になっています。
そこで、室内外の“温度差”に着目し、天然素材である綿を使用した、生活シーンの“温度差”において快適な暖かさを提案するニットインナーの企画、開発に至りました。

■商品特長

1.ふんわりやわらかい上質な風合いで、空気をまとうような軽い着ごこち
希少な綿“天綿”を使用。高級綿花に適した繊維の傷みが少ない“手摘み”によって収穫された、超長綿のなかでもさらに長い繊維だけを厳選して、紡績・編み立てした綿で、しなやかでやわらかい、上質な風合いです。
また、超極細のわたを使用しているので薄くて軽く、空気の層を多く含む糸構造と空気層を作る編み構造により、暖かくふんわり軽い着ごこち。高い綿混率により静電気がおきにくくなっています。
原綿の紡績、編み立て、染色まで、すべて日本国内で行っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング