ABEJA、インターネット広告事業のサイバーエージェントと合弁会社を設立

PR TIMES / 2018年4月2日 12時1分

~ ディープラーニング技術を活用した広告クリエイティブ最適化、広告接触からリアル店舗購買までの顧客行動分析を研究開発・販売へ ~

ディープラーニングを活用し産業構造の変革をサポートする株式会社ABEJA(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO兼CTO:岡田陽介、以下 ABEJA(アベジャ))はインターネット広告事業をメインとする株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、以下サイバーエージェント)と共に、2018年4月2日に共同出資の新会社である株式会社CA ABEJA (読み:シーエーアベジャ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 : 内藤貴仁、以下CA ABEJA )を設立致しました。CA ABEJAでは広告クリエイティブの最適化および、「ABEJA Insight for Retail」の新機能として広告接触からリアル店舗購買までの顧客行動分析を可能にする技術の研究開発・販売を行います。尚、CA ABEJAの取締役副社長にはABEJAの菊池佑太が就任致します。

従来においては広告のクリエイティブの生成・運用が人の経験と勘によって行われていましたが、過去のデータから最適なクリエイティブを定量評価・自動生成する仕組みをが必要とされています。また顧客行動分析においては、オンラインの広告とオフラインの店舗に関するデータが分断して管理されている状況があり、これらを統合した分析を行う技術も求められています。

CA ABEJAでは、ABEJAの最先端ディープラーニングのテクノロジーに対して、サイバーエージェントが保有するデータを活用することで、新世代の広告クリエイティブ制作の機能を強化し、最適かつ高品質な広告クリエイティブ制作を行ってまいります。また、ABEJAが展開する小売り・流通業向けSaaSである「ABEJA Insight for Retail」の販売を開始するとともに、サイバーエージェントが展開する位置情報ターゲティングツール「AIR TRACK」と連携した新機能の研究開発を行うことで、オンラインとオフライン間の顧客行動分析を可能にし、企業のマーケティング活動における購買率向上の実現を目指してまいります。

【 CA ABEJAの概要 】
商 号:株式会社CA ABEJA  (読み:シーエー アベジャ)
設立日:2018年4月2日
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1
代表者:内藤 貴仁
副代表者 : 菊池 佑太
資本金:5,000万円
出資比率:サイバーエージェント60% ABEJA40%
事業内容:広告クリエイティブ自動生成システムの研究開発・販売
小売向けソリューションABEJA Insight for Retailの新機能開発・販売

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング