クラウドCRM「Synergy!」がWeb接客「Sprocket」と連携、双方のデータを活かし再来店とリピート購入を促進

PR TIMES / 2021年1月14日 12時45分

シナジーマーケティング株式会社(本社:大阪市北区、以下「当社」)は、当社が提供するクラウド型CRMサービス「Synergy!(シナジー)」と株式会社Sprocket(本社:東京都目黒区、以下「Sprocket社」)が提供するおもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket(スプロケット)」を連携する機能を提供開始しました。本連携機能により、「Sprocket」が保有する接客情報にもとづき「Synergy!」ではWebサイトへの再訪を促進し、「Sprocket」では「Synergy!」が保有する会員の属性や行動情報に沿ったWeb接客が可能となります。



[画像1: https://prtimes.jp/i/45892/40/resize/d45892-40-287544-0.png ]

・連携の背景
コロナ禍により非対面接客が急速に普及しており、オンライン化したツールの有効活用が今後の課題となります。Webサイトへ訪問を促す仕組みや来訪したお客様をコンバージョンへ誘導することによる機会損失の防止、リピート購入の促進など、これらを支援するツールが必要です。

・連携機能の概要

[画像2: https://prtimes.jp/i/45892/40/resize/d45892-40-607104-1.jpg ]

本機能は、「Sprocket」が保有するポップアップによる接客情報(シナリオ実行結果)を「Synergy!」に、「Synergy!」が保有する属性情報やメール開封結果といった行動情報などで分類したセグメントを「Sprocket」に連携するものです。本連携により、「Synergy!」では「Sprocket」の接客データを絞り込み条件とした会員へのメール配信やLINEへの配信が可能となり、会員の再訪問を促します。一方「Sprocket」では「Synergy!」のセグメントデータを条件としてシナリオを設計することが可能となり、Webサイトに来訪した会員セグメントに合わせたポップアップやバナーで訴求します。
例えば、初回購入者に対して、2回目購入特典の案内などリピート購入を促すメール配信をすることができます。メールにより再来訪した会員に対して、属性や購買履歴に応じたポップアップを表示することで、継続的な購買につなげます。



セミナー情報


より良い顧客体験設計のための顧客情報の活用や施策設計、具体的な事例に関するセミナーを開催します。

タイトル:顧客情報のより良い活用方法とそれを用いた最適なコミュニケーション設計について語る
主催:シナジーマーケティング株式会社
日時:2021年2月4日(木)11:00~12:30
講師:当社 東山 晃輔、Sprocket社 代表取締役 深田 浩嗣氏
参加費:無料、形式 :オンラインセミナー(Zoom)
※視聴用URLは開催当日に申し込み時ご登録のメールアドレスへ配信します。
※専用アプリは不要でブラウザで参加できます。
詳細・申込: https://www.sprocket.bz/event/20210204_onlineseminar

■Synergy!について( https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergy/
「Synergy!」は情報を安全に格納できるデータベースを持ち、メールやLINEをはじめとするコミュニケーションチャネルを兼ね備えたクラウド型サービスです。初期178,000円、月額35,000円からデータベース・フォーム機能およびメール配信・Webパーツ(顧客に応じたWebコンテンツの出し分け)機能をご利用いただけます ※1 。必要な機能に絞り込んだ操作性の高い管理画面で、導入実績は2,500社 ※2 を超えています。
※1 LINEへの配信機能の利用には、初期30,000円、月額0円~が別途発生します。
※2 2020年12月時点の累計導入実績社数です。

■Sprocketについて( https://www.sprocket.bz/service
おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWebサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善をはかることが可能です。高速でPDCAを回すため、ヒートマップなどの様々な分析機能のほか、一定期間の行動データを学習データとするAI(人工知能)「AutoScoring」など、最先端の機能を搭載しています。シナリオや配信するユーザーセグメントはコンサルタントが作成するため、担当者は重要な意思決定に集中することができます。ECサイトだけでなく、銀行、証券、保険などの金融機関をはじめ、多くの企業のWebサイトで採用されています。


【各社概要】
名称:株式会社Sprocket
所在地:〒153-0043 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル 2F
設立:2014年4月
資本金:1,536,199千円 (2019年12月末時点)
代表者:代表取締役 深田 浩嗣(ふかだ こうじ)
事業内容: おもてなしデザインプラットフォーム「Sprocket」の開発・販売・運用
URL: https://www.sprocket.bz/

名称:シナジーマーケティング株式会社
代表:代表取締役社長 田代 正雄
創業:2000年9月
大阪本社:〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
東京本社:〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス7F
事業内容:CRM領域におけるクラウドサービス事業およびエージェント事業
URL: https://www.synergy-marketing.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ】
シナジーマーケティング株式会社
製品・サービスへのお問い合わせフォーム
https://form.synergy-marketing.co.jp/webapp/form/18784_mubb_8/index.do?p=company

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング