Interbrand “Japan’s Best Global Brands 2013” 「日本のグローバル・ブランドTOP30」及び「日本の国内ブランドTOP30」を発表

PR TIMES / 2013年2月13日 16時28分

・Nissan, Bridgestone, Subaru がブランド価値を大きくアップ !
・Uniqloのブランド価値は “グローバルランク入りの水準”に増大し、Gapに肉薄。
・KikkomanがTOP30に返り咲き、Calbeeが初ランクイン。




世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランドは、日本発のブランドを対象に、“世界基準”によるブランド価値評価ランキング“Japan’s Best Global Brands 2013(日本のグローバル・ブランドTOP30)”を発表します。本ランキングはグローバルな事業展開を行う日本発のグローバルブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもので、本年で5回目となります。また、この評価結果は1999年より毎年公表するグローバルのTOP100のブランドランキング“Best Global Brands”と比較可能なものとなります。
また併せて、3回目となる「日本の国内ブランドTOP30」も発表します。


1.“Japan’s Best Global Brands 2013 (日本のグローバル・ブランドTOP30)”
東日本大震災後から史上空前の円高が続き、領土問題をめぐる隣国との関係悪化が日本企業のアジア展開にブレーキをかけるなど、2012年も日本企業にとって厳しい経済環境の年となり、「日本のグローバル・ブランドTOP30」のブランド価値の合計額は、前年比0.7%の微増という結果となりました。
超円高、株安、デフレという三重苦の中、明暗が分かれたリーディングブランド
自動車業界では、Toyota(+9% 1位)が、2012年に米誌コンシューマー・レポートが発表したブランド別信頼性調査で上位を独占するとともに、インターブランドが発表したグリーンブランドのグローバルランキング“Best Global Green Brands 2012” で世界No.1となり、グローバルにおける環境イメージでも確固たる地位を築いています。2年連続で30%以上のブランド価値の増加を示したNissan(+30% 7位)は、“DATSUN”ブランドの投入を発表するなど新興国への積極的な開拓を進めています。
Nissanに次いで大きくブランド価値を向上させたのが、高い技術力で大きな優位性を持つ戦略商品に注力しているBridgestone(+23% 13位)と、昨年に初ランクインし、最重要市場の米国において3年連続で過去最高の販売台数を更新したSubaru(+24% 23位)です。
Nikon(+19% 10位)は、世界的な景気減速や、高画素カメラ搭載スマートフォンの急速な普及の影響を受けてコンパクトデジタルカメラ市場が低迷する中、海外での売上が堅調に推移しており、安定した存在感やブランド力の高さを誇り、3年連続で二桁成長を示しています。また、Asics(+14% 18位)は、アムステルダムに続くブランド旗艦店をロンドン市内にオープンするとともにインドやシンガポールでの事業展開を強化しており、Unicharm(+14% 21位)もこれまでの東南アジアからインド、南米、アフリカなどへとグローバル展開を加速化させ、ブランド価値を順調に増加させています。
一方で、国内液晶テレビ市場における需要の急減、太陽電池の販売低迷などにより、大幅な赤字を見込んでいるSharp(-57% 19位)は、“Japan’s Best Global Brands 2013” TOP30の中で最も価値を減少させたブランドとなりました。また、中国の景気減速を受けた業績低迷に加えて、防衛省への過大請求に伴う返納金などにも直面し、苦戦を強いられているMitsubishi Electric (-13% 17位)や自動二輪事業で主力市場のインドネシアで導入されたローン規制や新興国の経済成長鈍化などが響いたYamaha(-11% 24位)は、楽器事業でも欧州景気後退や中国景気の減速の影響を受け、ブランド価値を減少させています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング