CRI、無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」の提供を開始

PR TIMES / 2013年2月14日 11時9分

ゲーム・アプリ向けに、高音質データ圧縮から高度な演出まで手軽に実現

株式会社CRI・ミドルウェアは、インディーズゲーム開発者に向けた無償版サウンド開発ツール
「CRI ADX(TM)2 LE(エルイー)」(以下「ADX2 LE」)の提供を2013年2月14日から開始致します。
ゲームサウンド開発を第一線で支えながら長年蓄積してきたノウハウやテクニックを、誰もが存分に活用できる環境として提供することで、ゲーム業界およびエンタテイメント業界の発展を支援して参ります。



2013年2月14日
株式会社CRI・ミドルウェア

報道関係者各位
ニュースリリース
----------------------------------------------------------------------
CRI、無償版サウンド開発ツール「CRI ADX2 LE」の提供を開始
ゲーム・アプリ向けに、高音質データ圧縮から高度な演出まで手軽に実現
----------------------------------------------------------------------
株式会社CRI・ミドルウェア(本社:東京都渋谷区、
代表取締役社長 古川憲司、以下CRI)は、
インディーズゲーム開発者に向けた無償版サウンド開発ツール
「CRI ADX(TM)2 LE(エルイー)」(以下「ADX2 LE」)の提供を
2013年2月14日から開始致します。
ゲームサウンド開発を第一線で支えながら長年蓄積してきたノウハウや
テクニックを、誰もが存分に活用できる環境として提供することで、
ゲーム業界およびエンタテイメント業界の発展を支援して参ります。

「ADX2 LE」は、ゲームならではのサウンド演出を手軽に実現する、
便利な機能を数多く搭載したサウンド開発ツールです。
最先端のゲームサウンド制作現場でのニーズやノウハウが反映されており、
高度なサウンド演出から細かい音の調整まで、全てがグラフィカルな
ツール上で直感的に行えます。
「ADX2 LE」はインディーズ向けの無償版ツールですが、
ゲームエンジン「Unity Pro」に対応しており、制作したサウンドは
iOS、Android、PC向けのゲーム・アプリに組込むことが可能です。
また、汎用性の高いWAVフォーマットでの保存にも対応しているため、
ゲーム以外の用途にも広く活用いただけます。

■「ADX2 LE」の特長
(1)音質を損なわず1/16に圧縮
「ADX2 LE」は、高圧縮・高音質・低負荷な独自のサウンドコーデックを
備えています。48kHzのステレオ音楽を最大1/16まで圧縮し、
また、同等の圧縮率を持つコーデック(MP3、AACなど)と比べて、
複数音同時再生でも低いCPU負荷を実現します
(iPhone4Sで16音の同時再生を行った場合、CPU負荷8%程度)。
サウンドクリエイターの方々が求めるクオリティに応じて5段階の
圧縮レベルから選択できるようになっており、データサイズを圧縮できる分、
より多くの演出の実現が可能になります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング