脳科学の専門家も太鼓判! 仕事パフォーマンスを格段に上げる生活習慣とは? 書籍『ブレインハック』が本日発売

PR TIMES / 2018年9月20日 13時1分

脳を上手にコントロールすれば、結果に違いが出る!

株式会社小学館集英社プロダクション(東京都千代田区神保町/代表取締役:都築伸一郎)は、『ブレインハック 脳の潜在能力を引き出す45の習慣』を9月20日(木)に発売しました。




[画像1: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-431055-0.jpg ]


「ブレインハック」とは?
すべての可能性を使いきっていないとされる脳。そんな脳をもっと意識的に動かすことができたなら、生産性や創造性は劇的に高まります。
特にビジネスシーンでは、革新的なアイデアを生み出したり、もっと集中して考えられたなら、成果にも違いが出てきます。
秘訣は、自分の脳を上手にコントロールこと。そのための小さな習慣を45個、紹介します。

「ブレインハック」実践の効果は?
●1、新しいアイデアがどんどんわいてくる。
●2、もっと集中して考えられる。
●3、 最適の問題解決策を見つけられる。
[画像2: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-118121-1.jpg ]


世界の一流たちも実践していた! 知られざるエピソードが満載。
スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグ、ウディ・アレンやアインシュタインなど、各界で活躍する一流や偉人たちの、知られざる日常習慣のエピソードも紹介します。

●ブレインハック36 「クリエイティブになるには、汚部屋で仕事」
⇒ジョブズの机はすっきりとしていたか
[画像3: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-592448-2.jpg ]


脳の活性化に効く、目からウロコの方法
「常識」にはない、「えっ!そうなの?」なちょっと意外な方法も紹介しています。知ればきっと得する、驚きの方法でビジネススキルに差をつけよう。

●ブレインハック11 「休憩中は犬より猫の動画を見よう」
⇒おもしろビデオでストレスレベルが軽減


[画像4: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-563326-3.jpg ]


専門家による実験結果が、効果を証明
本書で紹介されている方法は、本当に科学的に正しいのか。著者は、大学や専門機関による実験や研究を引用し、その結果を披露することで、根拠を示しています。

●ブレインハック07 「自信満々のポーズをとってみよう」
⇒スーパーマンのポーズで、スーパーマンのようになる


[画像5: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-807558-4.jpg ]



こんな小さな生活習慣で、脳の働きは変わる。明日からのパフォーマンスを上げるなら、早速今日から始めてみてはいかがでしょうか。

【著者プロフィール】
ニール・パヴィット
作家、クリエイティビティコーチ。人が自らのクリエイティブな潜在能力を見出し、実感してもらうことに情熱を注いでいる。
クリエイティブな潜在能力を手にすることを追求して、処女作『How To Be Creative(創造的になるには)』では創造的になるプロセスを解明した。長く広告・テレビ業界で作家として活躍し、これらの業界で多くの名だたる賞を獲得してきた。また、短編映画にもかかわり、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)新人作家賞にノミネートされた。一時期、独演コメディアンとしても活動した。
作家業の傍ら、現在は創造性、ブレインハッキング、ブランドストーリーに関するワークショップを開いている。
www.thelightbulbidea.com

[画像6: https://prtimes.jp/i/2610/41/resize/d2610-41-431055-0.jpg ]



『ブレインハック 脳の潜在能力を引き出す45の習慣』
著者:ニール・パヴィット
訳者:村山寿美子
定価:本体1,500円+税
仕様:四六判・並製・288頁・1色
発売日:2018年9月20日(木)頃
ISBN:978-4-7968-8029-9
発売元:小学館集英社プロダクション
http://books.shopro.co.jp/?contents=9784796880299

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング