【復旧事例公開】6年連続データ復旧実績日本NO.1の日本データテクノロジーが、ホームページ上にて6月最新のデータ復旧事例を掲載

PR TIMES / 2012年6月27日 15時34分



6年連続データ復旧実績No.1の日本データテクノロジー(OGID株式会社、代表取締役:野口誠)。同社は累積65,000件以上の復旧経験によって培われた職人技と世界中から導入された多くの最先端設備を駆使し、データ復旧率95.1%(※)を保有している世界のリーディングカンパニー。
『1秒でも早く、1つでも多くのデータを復旧する』ことを使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っております。

今回の最新RAID事例は、HDD4台でRAID6を組んでいるサーバーで、ディスクの入替えやフォーマットにより元の情報が分からない状況からのデータ復旧事例です。

トラブルが発生した機器はHDD4台を使用し、RAID6を組んでいました。RAID6の特徴は、内蔵HDDのうち2台に障害が発生しても、データの抜き出しが可能という点です。

今回復旧に成功した機器は、当社に持ち込まれた際、HDDが4本共フォーマットされており、HDDの中にデータが何もない状況でした。通常この状況であれば復旧に2日~3日かかってしまう上、完全な形に近い状態での復旧は難しくなってしまいます。しかし、今回ご相談の機器はなんと1日で復旧が完了し、翌日にはデータをご納品しました。
というのも、今回は偶然が3つ重なり、データ復旧するのに十分な情報が手に入った為です。まず、RAIDレベルにRAID6を採用していた事、次に内蔵HDDが4本であった事、そしてもうひとつ、RAIDをフォーマットする前に、異常が発生したディスクを交換していた事。この3つです。

しかし、この3つの偶然全てが整っていたとしても、RAID6に対する正しい知識と、理解力、そして分析力が無ければ今回のようにほぼ100%に近い形でデータ復旧は到底できません。当社は累積復旧件数が65,000件を突破し、更に経験を積むことで今まで以上にスピーディーな復旧を実現しました。

※詳細はサイトをご覧ください。

その他、RAID機器に関する成功事例の詳細は、弊社ホームページ『データ復旧.com』内、『RAID機器データ復旧事例』をご覧下さい。
多数の職人技復旧事例もご紹介しております。

http://www.ino-inc.com/example/terastation.html

日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において2011年度まで6年連続でご依頼件数国内1位となっております。
データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなっております。
今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長して参ります。

http://www.ino-inc.com

http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】


【日本データテクノロジーについて】
OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2011年度6年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)

平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、1秒でも早く復旧する為に日本データテクノロジーは、復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。
http://ino-inc.com/voice/voice.html


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング