スマホ所有者のLINE利用率は、女性10代で73.0%、女性20代で64.8% 48.3%が「ブランド・サービス」を友だちに追加『LINE利用動向調査報告書2013』11月29日発行

PR TIMES / 2012年11月27日 17時55分



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)のシンクタンク部門であるインターネットメディア総合研究所は、LINEの最新動向とユーザーの利用動向を多角的に分析した『LINE利用動向調査報告書2013』の販売を11月29日(木)より開始します。

2011年6月に登場したスマートフォン向けの無料通話・無料メッセージアプリ「LINE」は、現実の知人同士に特化したクローズドで密なコミュニケーションと、感情を伝えやすい「スタンプ」機能によって急成長を遂げ、2012年11月時点で、世界で7500万人、国内でも3500万人のユーザーを獲得しています。世界でもアジア圏やロシア・東欧を中心に口コミでユーザー数を増やし、2012年下半期にはアメリカ・中国へ展開、年内に1億人ユーザーを目指すなど破竹の勢いです。
LINEは2012年6月に、企業がアカウントを開設できる「公式アカウント」や、企業のキャラクターなどをスタンプとして配信する「スポンサードスタンプ」を開始、7月にはサードパーティーが占いやクーポン、ゲームなどのコンテンツを提供できるプラットフォームサービス「LINE Channel」をスタート、11月には中小企業や地方自治体が利用可能なビジネスアカウント「LINE@」を発表し、急速に企業利用が盛り上がりつつあります。

そこで本書では、個人ユーザーからも企業の販促・マーケティングの観点からも注目を集めるLINEについて、サービス概要や戦略、国際展開などの動向、プラットフォームサービス「LINE Channel」について解説するほか、公式アカウントやスポンサードスタンプといった、企業がLINEを広告・マーケティング利用するための企業プログラムの概要や利用企業の事例を紹介し、LINEの現状を徹底解説しています。
また、実際のLINEの利用動向を把握するため、携帯電話・スマホユーザーのLINEの利用状況を調査した「携帯電話ユーザーのLINE利用動向」、実際にLINEを利用しているユーザーがどのようにLINEを利用しているかを調査した「LINEユーザーの利用概況」、企業の公式アカウントがどのように利用されているかを調査した「LINEユーザーの公式アカウント利用状況」をそれぞれまとめています。
LINEを利用した広告・マーケティングを行いたい企業や、LINE上でのサービスを展開したいサービスプロバイダー・コンテンツプロバイダー、LINEの最新動向を把握したい関連プレーヤーにとって必読の一冊です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング