欧米では前年よりiPhone(アイフォーン)のシェアが低下。日本のiPhoneシェアは69.1%

PR TIMES / 2014年1月15日 15時14分

~2013年9月から11月のスマートフォン販売シェア調査~

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。

昨年9月から11月に実施した調査によると、日本におけるスマートフォンのOS(オペレーティングシステム)別販売シェアでは、iOS(アイオーエス)の機種、すなわちiPhone(アイフォーン)のシェアが69.1%、Android(アンドロイド)の機種のシェアが30.0%でした。

また、アメリカ、イギリス、ドイツなど欧米各国では、昨年同時期に行った調査のときよりもiPhone(アイフォーン)のシェアが概ね低下していました。



■ 日本のiPhone(アイフォーン)販売シェアは69.1%
日本の16歳以上の消費者に対し、過去1ヵ月の間に購入したスマートフォンの機種について質問しました。すると、iOS(アイオーエス)の機種、すなわちiPhone(アイフォーン)と回答した人の割合が69.1%、Android(アンドロイド)の機種と回答した人の割合が30.0%という結果になりました。


■ 欧米主要国で前年に比べiPhone(アイフォーン)のシェアが低下
次に、アメリカ、イギリスなど9ヵ国(日本を含む)の消費者にも、過去1ヵ月の間に購入したスマートフォンの機種について質問しました。その結果が以下のグラフです。


また、各国のiPhone(アイフォーン)の販売シェアについて、2012年9月から11月に行った調査結果と2013年のデータを比較しました。すると、スペインを除く7ヵ国でiPhone(アイフォーン)の販売シェアは前年を下回りました。

※日本では同時期に調査を実施していません。

■ まとめ
昨年発売されたiPhone(アイフォーン)の新機種(iPhone5s、iPhone5c)の販売は良好のようですが、欧米主要国ではWindows Phone(ウインドウズフォーン)のような競合が少しずつシェアを拡大しており、iPhone(アイフォーン)の販売シェアは伸びなかったとみられます。

■ 調査概要
カンター・ジャパンは、12ヵ国の携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向を把握し、その情報・分析レポートを企業に提供しています。調査を実施しているのは、同じカンター・グループに属するカンター・ワールドパネル社です。今回公表するのは、9ヵ国の調査結果になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング