YKK AP「窓研究所」主催 「窓学“WINDOWSCAPE”展」 2014年5月31日(土)スタート

PR TIMES / 2014年4月25日 15時6分

“窓”の魅力と可能性を東京ミッドタウンから発信!

 YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)の「窓研究所(所長:山本 絹子)」は、“窓”を学問として多角的に探求する研究活動「窓学」の成果を国内で初めて発表する場として、2014年5月31日(土)より、東京ミッドタウン・デザインハブで「窓学“WINDOWSCAPE”展 ~窓の研究プロセスからミラノサローネまで~」を主催します。



 
 窓を考える会社、YKK APが2007年より取り組む「窓学」は、窓に特化した独自の研究活動です。窓を歴史的、文化的に位置づけると同時に、その意味や役割を見極め、窓の新たな魅力や可能性を提示することで、よりよい建築、都市、社会の構築に貢献することを目指して活動しています。

今回主催する「窓学“WINDOWSCAPE”展」は、国内では初めての「窓学」研究展示です。東京工業大学 塚本研究室とYKK APの約7年にわたる共同研究成果を、豊富な資料とエピソードを交えて紹介します。また、本展示は、今年4月に行われた世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」で発表した“WINDOWSCAPE”展の帰国展も兼ねており、多くの来場者を魅了したアトリエ・ワン設計の窓のインスタレーション(空間展示)や現地での模様を、模型や記録映像などにより紹介します。さらに、会期中は、窓に関する講演やトークセッション、ワークショップを多数開催します。

窓研究所は、「窓学“WINDOWSCAPE”展」を皮切りに、窓学での研究成果を広める活動を推進するとともに、今後も窓の文化的価値向上を目指し、窓の魅力と可能性を積極的に社会に向けて発信してまいります。

※ WINDOWSCAPE(ウィンドウスケープ)とは、「窓景」を意味する造語です。


<「窓学“WINDOWSCAPE”展 ~窓の研究プロセスからミラノサローネまで~ 」開催概要>
■展覧会タイトル
東京ミッドタウン・デザインハブ特別展
「窓学“WINDOWSCAPE”展 ~窓の研究プロセスからミラノサローネまで~ 」
■会場
東京ミッドタウン・デザインハブ ミッドタウン・タワー5F
(住所 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)
■開催期間
2014年5月31日(土)~6月15日(日)11:00-19:00 (入場無料)
■展覧会の構成

1.展示コンテンツ
「窓のふるまい学」「窓の街並学」「窓の系譜学」をテーマに、東京工業大学 塚本由晴研究室が世界約30カ国で採取した窓の写真、図面、スケッチ等の豊富な資料を、フィールドワークのプロセスや調査エピソードとともに公開します。
また、今年4月にイタリア・ミラノで行われた世界最大規模のデザインの祭典「ミラノサローネ」に出展した“WINDOWSCAPE”展において、塚本由晴氏率いる建築家ユニット、アトリエ・ワンが設計した窓のインスタレーション(空間展示)や、「窓学」研究成果の展示、現地での模様も併せて紹介します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング