サンディスク創業者、科学技術の業績とイノベーション分野で米国の最も権威ある賞を受賞

PR TIMES / 2014年11月21日 13時16分

Dr.エリ・ハラリ、オバマ大統領からアメリカ国家技術賞を受賞



2014年11月20日(ワシントンDC発) - フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)は本日、創業者で前会長兼CEOのDr.エリ・ハラリ(Eli Harari)がアメリカ国家技術賞(National Medal of Technology and Innovation)を受賞したことを発表しました。これは、フラッシュメモリーの開発と普及への多大な貢献が全米科学財団に認められたことによるものです。

同賞は、科学技術分野の発展を通じて優れた世界観の形成と多くの人々の生活の向上に長く貢献した人々に贈られる、米国で最も権威ある賞です。政府高官と他の受賞者も出席して本日ホワイトハウスで行われた授賞式において、オバマ大統領から直接メダルを授与されました。

モバイル製品のデータ保存にフラッシュメモリーを使用するという発想に基づいてDr.ハラリがサンディスクを共同設立したのは、25年以上前のことです。小型で耐久性に優れ、消費電力が少ない理想的なストレージ媒体であるフラッシュメモリーはモバイルデバイスに広く普及し、現在ではデジタルカメラ、スマートフォン、タブレット、薄型軽量ノートパソコンなどのポータブル製品で使用されています。フラッシュメモリーはデータセンターの姿も大きく変えようとしており、増え続ける大量のデータの処理と分析を迅速化し、ソーシャルメディア、オンラインメディアストリーミング、リアルタイムのビジネスアナリティクスなどの産業を実現しています。

サンディスクの共同設立者で現社長兼CEOのサンジェイ・メロートラは、次のように述べています。「サンディスクを共に設立した仲間であり友人でもあるハラリの業績に対する今回の表彰を祝福するとともに、誇りに思います。彼が開拓に大きく貢献したフラッシュメモリーテクノロジーは、テクノロジーのランドスケープ全体に大きなインパクトを与え、世界的リーダーとしてのサンディスクの立場を確立し、考えもしなかった方法で私たちをつないでいます。彼の生涯にわたる知的・技術的な功績は、アメリカ国家技術賞にふさわしいとものといえます。」

Creative Strategiesの設立者兼社長であるティム・バヤリン氏は、「エンジニアとしてまたサンディスクの共同設立者としてのDr.ハラリの先駆者的活動は、フラッシュメモリーの実用性、信頼性、製造可能性、耐久性を確立する上で基盤となり、今日のテクノロジー業界で最も重要な中核技術の1つとして広く認められています。Appleなどの多くの企業が世界中の人々の生活を一変させる製品を開発できたのも、フラッシュメモリーがあったからです。多くの大企業では自社のデータがビジネスになっていますが、Google、Facebook、Alibaba、Amazonなどの企業が膨大な量のデータにアクセスし分析する上で、フラッシュメモリーは大きく貢献しています」と語っています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング