【冷凍食品に関するアンケート調査】冷凍食品の利用者は8割強、「夕食」「昼食」「弁当」に利用する人が3~4割。利用理由は「すぐできあがる」「保存がきく」「手順が簡単」など

PR TIMES / 2013年11月15日 9時35分

■冷凍食品利用者は8割強。利用場面は「夕食」「昼食」「お弁当」の順で多い。以下「食事を簡単に済ませたい」「料理を作るのが面倒」「おかずの品数を増やしたい」が続く

■冷凍食品利用理由は「すぐにできあがる」「保存がきく」「手順が簡単」「調理や後片付けの手間が省ける」「少量必要なときに便利」の順で多い



マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『冷凍食品の利用』に関してインターネット調査を実施し、2013年10月1日~5日に12,080件の回答を集めました。第7回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18304/

◆冷凍食品の利用場面、利用する理由
 冷凍食品の利用者は82.2%です。利用する場面は「夕食」「昼食」「お弁当」が各3~4割、以下「食事を簡単に済ませたい」「料理を作るのが面倒」「おかずの品数を増やしたい」が各2割前後で続きます。「弁当」は女性20~40代で最も多くなっています。利用頻度が週4~5回以上の人では「弁当」「朝食」が他の層より多くなっています。

 冷凍食品を利用する理由は「すぐにできあがる」「保存がきく」「手順が簡単」が各5割前後、「調理や後片付けの手間が省ける」「少量必要なときに便利」が各3~4割となっています。「保存がきく」は高年代層で多い傾向です。「少量必要なときに便利」は女性、特に女性高年代層で多くみられます。


◆冷凍食品の購入頻度、購入する冷凍食品の種類・メーカー
 冷凍食品購入頻度は「週1回」「月2~3回」が各2割でボリュームゾーンです。女性の方が購入頻度が高くなっています。男性は高年代層ほど購入者が多い傾向です。

 購入する冷凍食品の種類は「麺類」が最も多く、「米飯類」「中華系の軽食」「お弁当用」「あげもの類」が各3~4割で続きます。「お弁当用」「野菜などの農産物」は、女性が男性を17~23ポイント上回ります。「野菜などの農産物」「水産素材」などの素材は、女性高年代層で多くみられます。

 よく購入する冷凍食品のメーカーは「味の素冷凍食品」(58.3%)が最も多く、以下「ニチレイフーズ」「テーブルマーク」「日本水産(ニッスイ)」の順で続きます。「アクリフーズ」は女性30・40代でやや多くみられます。


◆冷凍食品の購入場所、購入時の重視点
 冷凍食品の購入場所は「スーパー」が90.2%にのぼります。「生協などの食材宅配サービス」「ドラッグストア」「ディスカウントストア」「コンビニエンスストア」が各1~2割です。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング