【三菱電機】オムニヨシダ株式会社様 搬送機の安全システムへの導入事例を掲載

PR TIMES / 2014年12月25日 11時37分

<お客様ご採用事例掲載>一層の安全性確保、予防保全を実現

三菱電機株式会社では、FA(Factory Automation)関連のソリューションをご案内するWebサイトにて、実際に弊社FA機器をご活用いただいているお客様の事例や、弊社工場内での活用事例などをご紹介しております。このたび同サイトに、オムニヨシダ株式会社様による垂直搬送機への安全シーケンサ導入の事例記事を新たに掲載いたしました。



倉庫や工場で使われる搬送機の中でも、特に重量のある貨物の昇降に使われる垂直搬送機で定評のあるオムニヨシダ様。同社では搬送機の安全対策を進めるために、搬送機の誤作動を防ぐ取り組みを日々進めております。あらゆる角度から高度な安全性を実現するために、制御にシーケンサを取り入れることにしましたが、同社が安全第一を目的としたシーケンサに選んだのが、三菱電機の安全シーケンサ「MELSEQ-QS」でした。

搬送機の制御で一般的なリレーの代わりに、工場の生産設備制御に使われるシーケンサを活用することで、高精度な制御が可能になりますが、シーケンサそのものに異常が発生した場合、対応が遅くなってしまう恐れがあります。安全シーケンサはCPUの二重化などによる自己診断機能を搭載。また国際的な安全規格である「ISO13849-1」「IEC 61508」にも適合しており、安全性を目的にした制御に適していることに同社は注目。垂直搬送機のさらに高い安全性確保を目指し採用することにしたものです。

またこの垂直搬送機は、センサを一括管理するシステム「AnyWireASLINK」も活用しております。多数のセンサを集中的に管理する機能で、垂直搬送機が搭載する100組以上のセンサから、メンテナンスが必要なセンサをすぐに判別することが可能になりました。

▽詳細はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/cases/custom/ccase08/index.html?ref=press141201


本サイトではこの事例以外にも、製造業の皆様のお役に立つ導入事例をご紹介しております。
<一例>
・ファイバレーザ加工機による「生産効率向上」と「省エネ化」
・電流値の検知で機器の予防保全を実現
・空調の自律制御で大幅な省電力化を実現したデータセンター

▽詳細はこちら
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/cases/index.html?ref=press141201


【参考】
MELSEC-QS 安全シーケンサ 詳細ページ(三菱電機FAサイト)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/products/cnt/plcqsws/items/index.html?ref=press141201

AnyWireASLINK 詳細ページ(三菱電機FAサイト)
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/sols/sol/sensor/anywire/index.html?ref=press141201

三菱電機FAサイト TOP
http://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/?ref=press141201

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング