「世界を吹き荒れる人材不足の嵐」研究結果から学ぶ人材ミスマッチ解決策

PR TIMES / 2014年12月3日 17時7分

【イベントレポート】 ヘイズ・ジャパンが企業向けセミナーを開催

【2014年12月3日】 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、東京アメリカンクラブにて企業向けセミナーを行い、世界31ヵ国における人材の需給効率を評価・分析した「グローバル・スキル・インデックス 2014年版」の研究結果を共有すると同時に、企業が直面している人材不足という重要課題への解決策を提言しました。



人材不足に対する深刻な懸念を示してか、本日のセミナーには2012年から毎年開催している中で最大となる約40社、60名近くの企業経営者および人事・採用責任者が参加しました。

午前8時半から2時間にわたって行われた朝食付きセミナーでは、まず始めにヘイズ・ジャパン リージョナル・ディレクターのジョナサン・サンプソンが登壇し、労働市場に関与する7つの項目を0から10までの数値で指標化した「グローバル・スキル・インデックス 2014年版」の調査研究結果に関する説明を行いました。

説明の中でサンプソンは、「人材ミスマッチに関する日本のスコアは9.5(昨年度9.1)と昨年のスコアを上回り、アジア太平洋地域で最も高い数値を示した。日本における有能な人材の確保がますます厳しい状況にあり、人材ミスマッチの深刻化は日本経済の大きな足かせになっている」との見解を示しました。

またサンプソンは今回の研究結果をふまえ、「日本政府、政策立案者、産業界が三位一体となって協力し、企業が必要としているスキルを持った国内労働力の改善に向けて取り組んでいくべき」と提言しました。

人材ミスマッチ解決に向けたヘイズの提言

産業界が必要とする人材を輩出するような教育システムを創るため、企業は教育当局と連携するべき
各企業の目的に見合った独自の惹き付け・引き留め制作を考案し、全従業員・全階層に取り入れるべき
政治主導で「労働力に対する投資」を推進するような規制環境を整備する一方で、企業は従業員の「パフォーマンス」を公正に認識・評価することが重要


サンプソンに続いては、ゲストスピーカーとして国際大学国際経営学研究科長 加瀬公夫教授が登壇。加速する人材ミスマッチの現状、それを緩和させるために教育機関および政府機関がなすべき役割、日系企業とグローバル企業のマネジメントスタイルの違いなどに関するプレゼンテーションがありました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング