【初開催】長崎を含む九州・沖縄・山口9県合同 「SMOUT」を活用したオンライン移住イベント 2月27日開催

PR TIMES / 2021年2月9日 18時15分

~二拠点や地方で起業など、テーマから移住先を選択する新しい生き方を提案~

長崎県(知事:中村法道)を含む九州・沖縄・山口の9県で構成する九州・山口合同移住相談会実行委員会(事務局:長崎県)では、この度、移住・関係人口促進のためのマッチングサービス「SMOUT」を活用しオンライン移住イベント「HELLO NEW LIFE ~こんにちは 新しい生活。9つの県を見にいこう」を2021年2月27日(土)開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/15182/41/resize/d15182-41-965245-0.png ]

本イベントは、場所にこだわらず密から離れた暮らしを考える、”脱密”に関心のある都市部在住の方をメインターゲットにしています。二拠点居住や地域で起業など、移住検討者の興味の高そうなテーマに沿って、実際に都市部から9県へ移住をしてきた経験者等の話をライブ配信し、リアルな暮らしや働き方をご紹介します。

現在、九州、沖縄、山口の9県に関心がない人にも、ある人にも、テーマから新しい生き方のヒントや移住先がみつかる機会を提供し、9県への移住促進、関係人口の創出を目指します。

■開催概要
開催日時:2021年2月27日(土)13:00~18:00
参加費 :無料
公式サイト(視聴URL): https://hello-new-life-9.smout.jp
配信方法:SMOUT Facebook Live
主催:九州・山口合同移住相談会実行委員会(九州・沖縄・山口9県で構成)

■基調講演 (13:05~13:35)
樋口 聖典さん 「適材適地のススメ~どこでもできる世界の作り方~」元よしもと芸人・ミュージシャンで、現在は出身地の福岡県田川市に移住され廃校利活用施設「いいかねPallette」の運営を軸に地方創生事業に取り組む、樋口さんをゲストにお迎えし、基調講演をしていただきます。ぜひご注目ください。

■7つのテーマと各県の登壇予定者


テーマ1.仕事は変えずに、広い空のもとで暮らしたい人(13:35~14:00)
福岡県 眞山 昌(IT企業勤務/SDGs de 地方創生公認ファシリテーター)
佐賀県 長田 加奈恵(有限会社オープンクローズ/OKURA WORKS)
宮崎県 稲本 真里佳(ワールドピースゲーム・プロジェクト代表)

テーマ2.大都会と地方の二拠点暮らしをしてみたい人(14:05~14:30)
佐賀県 仁科 友香子(チームカジサック/ヒューマンアカデミー専属講師/動画クリエイター/
          グラフィックデザイナー/SNSマーケティングアドバイザー)
長崎県 加来 司(長崎ワーケーションガイド/ジャパンラーニング株式会社)
山口県 明日香 健輔(有限会社FirstClass 代表取締役社長/阿東文庫 代表/SpedagiAto 代表)

テーマ3.人とのつながりに守られる暮らしがしたい人(14:35~15:05)
長崎県 森 一峻(一般社団法人 東彼杵ひとこともの公社 代表理事 /株式会社 森商店 代表取締役)
熊本県 石垣 圭佑(合同会社阿蘇人(アソウト)代表)
沖縄県 大倉 弘美(一般社団法人ゆんたくガーデン 代表理事)
山口県 おの あやか(岩国市地域おこし協力隊・地域ブランド担当)

テーマ4.新しいビジネスに地方でチャレンジしたい人(15:25~16:00)
福岡県 高橋 和也(ザ・ハーモニー株式会社代表取締役CEO)
大分県 木村 真琴(合同会社FUKUO代表/フードディレクター/歴史料理研究家)
宮崎県 大工 龍也(株式会社スカイウォーカー代表取締役)
鹿児島県 福重 智寛(自然放牧場「お多福たまご」代表)
沖縄県 森田 直広(株式会社波と風と 代表)

テーマ5.地域の課題解決を手伝いたい人(16:05~16:35)(16:35~17:05)
福岡県 村上 夕子(香春町 地域おこし協力隊)
佐賀県 橋本 高志(『TIPS HOSTEL』代表/支配人)
長崎県 藤木 彩乃(壱岐市地域おこし協力隊/けしごむはんこ作家)
熊本県 久保 尭之(合同会社阿蘇人(アソウト)副代表/一般社団法人みなみあそ観光局戦略統括マネージャー)
大分県 平井 佐季(佐伯市地域おこし協力隊/くれのあい主宰)
鹿児島県 益田 啓光(移住定住コーディネーター(協力隊OB))
沖縄県 原 久美子(久米島町 島ぐらしコンシェルジュ)
山口県 高橋 伸匡(テラハーベスト代表/農家&システムエンジニア)

テーマ6.農業・漁業・林業に関わる仕事をしたい人(17:10~17:40)
熊本県 田中 翔((株)ゆうき)
大分県 好川 迅(ピーマン農家)
宮崎県 濱本 隆宏(宮崎市でミニトマト等を生産している農業経営者)
鹿児島県 宮出 博史(地域おこし協力隊/宮出珈琲園代表)

テーマ7.密ではないどこかで暮らしたい人(17:40~18:00)
福岡県 石川 佐知子(ふくおかよかとこ移住相談センター 移住コーディネーター)
佐賀県 一丸 佳奈子(佐賀県さが移住サポートデスク 主査)
長崎県 加来 司(再掲)
熊本県 石垣 圭佑(再掲)
熊本県 久保 尭之(再掲)
大分県 砂田 光江(おおいた暮らし相談窓口/移住コンシェルジュ)
宮崎県 勝又 千加子(宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター東京窓口/移住就職相談員)
鹿児島県 中島 晶子(NPO法人ふるさと回帰支援センター鹿児島県移住・交流相談員)
沖縄県 仲田 国子(県内企業人材確保支援事業(りっか沖縄)事業推進員・相談員)
山口県 松本 葉子(光市職員(移住・定住相談窓口))

(参考資料)
九州・沖縄・山口の9県への移住相談件数の合計は、平成28年度の32,109件から、令和元年度は53,117件と年々増加傾向にあります。九州・山口合同移住相談会実行委員会では、コロナ禍での地方回帰の機運の高まりを九州・山口への新たな人の流れの拡大につなげるため、連携施策を推進していきます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/15182/41/resize/d15182-41-684909-1.png ]

(出典)総務省公表資料「各都道府県及び市町村の移住相談窓口等において受け付けた相談件数」より作成

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング