リノベーション賃貸ブランド「REISM」“あなたの資産を守るマンションの健康診断” REISMのインスペクションを本格開始

PR TIMES / 2018年6月14日 15時1分

無料診断の限定キャンペーンを実施!

リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を運営するリズム株式会社(渋谷区、代表取締役社長 齋藤信勝、以下REISM)は、2018年4月1日から改正宅建業法が本格施行におけるインスペクション関連義務化に伴い、『調査・評価・補修・保険』のフルパッケージでのインスペクションを本格開始し、2018年6月までにお申し込みいただくとインスペクション費用が無料になる限定キャンペーンを実施致します。



[画像: https://prtimes.jp/i/19546/41/resize/d19546-41-377339-1.jpg ]

 インスペクション(瑕疵保険検査)は、車なら車検、人なら健康診断にあたる、住宅の劣化や不具合の状況を調査しアドバイスを行う専門業務です。2018年4月1日から改正宅建業法が本格施行されることでインスペクション関連の義務化が始まり、今後は住まいの状態をチェックし、メンテナンスを行う必要があります。
中古マンションを売買する際、築年数や修繕計画が判断基準になるケースが多くありますが、それだけでは良し悪しは分かりません。建物の不具合による雨漏りや給排水管の漏水などがあった場合、思わぬ大きな出費が発生し負債を抱えてしまうケースがあります。インスペクションで徹底的に調査をすることで、トラブルを未然に防ぐことが可能となります。

◆REISM インスペクション 限定キャンペーン!                            
2018年6月末日までにお申し込みいただいた方限定で、通常よりであれば10万円相当のインスペクション費用が無料になるキャンペーンを実施しています。
対象物件:東京23区内で新耐震基準以降に建設された16~40平米のマンション

◆REISM インスペクションの特徴     
・1級建築士スタッフと専門業者とのダブルチェック
1級建築士が監修し、REISMのスタッフが直接現地で物件の管理状況をチェック、さらに専門の第三者機関の1級建築士が物件の劣化具合を確認し、徹底的に調査します。

・REISMオリジナルの評価レポート
専門的になりがちな検査報告書も、REISM独自のレーダーチャートで分かりやすくお客様に説明します。物理的な劣化だけでなく、オーナー様にとってのリスクも徹底的に洗い出します。

・リノベーションによるトラベル解決
REISMのリノベーションは室内をスケルトン状態にしてから内装工事を行います。スケルトン状態でのインスペクションは隠れた不具合も見つけることができ、さらに補修工事で解決するので安心した高い品質で物件を所有いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング