RADIO? or CLOCK? ワイドFM対応フリップ式デジタル時計を発売

PR TIMES / 2018年8月3日 11時1分

セイコークロック株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長 萩原健二)は、クリアで鮮やかな視認性と70色の表示色で2014年の発売以来大ヒットを続けているデジタル電波クロック セイコー シリーズC3(シースリー)から、パタパタ時計と言われるフリップ式表示を液晶で再現し、ワイドFM対応ラジオを搭載した電波デジタル時計1機種2モデルを8月31日より発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-573170-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-322860-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-337101-2.jpg ]


【商品の特長】
●懐かしいけれど新鮮 パタパタと時が流れるフリップ式表示
 時・分表示はどことなく懐かしさを感じさせるフリップ式表示。1980年代以前に人気を博した“機械式”のデジタルクロック(通称パタパタ時計)の数字がめくれるような時の流れを液晶で表現しました。秒表示は、同じく懐かしさを感じさせる回転ドラム式表示と、1秒ずつカウントアップしていく通常表示の2パターンから選択できます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-974415-3.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-359608-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/20031/41/resize/d20031-41-732410-5.jpg ]


●AMラジオ番組を聴けるワイドFM対応
 FM周波数を利用し、FM電波でAMラジオ番組を聴くことのできるワイドFM対応ラジオを搭載。アラーム音はラジオと電子音のいずれかから選択できます。

●セイコー シリーズC3に込めた想い


Colorful  美しい70色と流れるようなグラデーション表示
Clear   クリアでくっきりと見やすい高コントラスト液晶
Cool   空間をクールに飾るスタイリッシュなデザイン

針表示のアナログ時計と比べて、機能的ではあるけれど「無機質」「味気ない」「時刻は判るが時間が読めない」「液晶表示が画一的でつまらない」・・・と言われるデジタルクロックに新風を。シリーズC3にはそういう想いが詰まっています。

【製品仕様】


高さ72×幅168×奥行96mm
電源 AC100V
プラスチック枠
電波修正式クオーツムーブメント
高コントラスト液晶
明るさ切替機能(3段階)
アラーム(ラジオ/電子音切替)
ワイドFM対応ラジオ(モノラル)
イヤホンジャック

販売目標は2モデル合計で年間2万個です。

この件に関するお問い合わせ先
プレス関係 セイコークロック(株) 企画部 広報・宣伝担当 03-5639-6290
一般のお客様 セイコークロック(株) お客様相談室 0120-315-474

本商品のプレスリリース
https://www.seiko-clock.co.jp/news/2018/20180803.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング