アット東京が新たに「アット東京中央第3センター(CC3)」を開設

PR TIMES / 2020年12月21日 16時45分

2023年サービス開始予定、日本社会の未来を支えるプラットフォームを目指して



 株式会社アット東京(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中村晃、以下アット東京)はこのたび、新たな都市型データセンターとして「アット東京中央第3センター(CC3)」を開設いたします。
本センターは2023年10月に運用開始予定です。

 アット東京は、“つづく、つながる、生まれる共創型データセンター”の実現により「日本社会の未来を支えるプラットフォーム」を創ることを目指しています。
 このたび発表するCC3はアジア・日本のビジネスの中心である東京の、まさにその中心に位置する、大規模な都市型データセンターです。
 これからのデジタルトランスフォーメーションによる豊かな未来と今後の日本のデジタル社会を支えるプラットフォームとして、新たな価値を創出し、その使命を果たすべくサービスを提供するデータセンターとなります。
 CC3の特長は下記のとおりです。

【アット東京 中央第3センターの特長】
1.都心部に位置する優れたアクセス性
2.ニュートラルなコネクティビティ、かつ都市型サーバーファームとしても活用できる柔軟性
3.これまでの運用実績に裏付けされた高い信頼性
4.グローバル対応

【アット東京 中央第3センターについて】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/20302/table/41_1.jpg ]



【アット東京 中央第3センター外観予想図】
[画像: https://prtimes.jp/i/20302/41/resize/d20302-41-948238-0.jpg ]

 私どもアット東京は、データセンター専業事業者としての経験や運用ノウハウを活かし、24時間365日のミッションクリティカルオペレーションと、高品質で信頼性のある世界最高水準のデータセンターサービスで、お客さまのビジネス成長を支え、加速させるためのサポートをいたします。
 さらに柔軟なコネクティビティを誇る相互提供のプラットフォームとして、国内外のデータセンター間連携、そしてさまざまなネットワークとの接続を実現するグローバルハブとして、お客さまの新たなビジネスの創出と新たな価値の創造に貢献するデータセンターを目指してまいります。

以上

※本文に記載されている会社名、製品名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。サービス・商品の料金、サービス内容や仕様、
その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング